2019年度 ロンドン補習授業校
  「日本語科入学案内」
 
お子様の本校への入学を検討の場合は、
学校概要をご覧の上、手続きをお願いいたします。 
教育目標: 日本語の基礎・基本的事項を習得し、将来にわたって日本語を学べる素地を身につける。 

<出願資格>
本人が英国の学校またはインターナショナルスクール等に在学し、かつ保護者が英国に在住していること。
また、以下の各項目に該当していること。
@ <平成16(2004)年4月2日から平成25(2013)年4月1日までに生まれた者>
学年  日1  日2  日3  日4  日5  日6  日7  日8
年齢 6〜8歳  7〜9歳  8〜10歳  9〜11歳  10〜12歳  11〜13歳  12〜14歳  13〜15歳
A 日本語科希望者は、第二母国語として日本語力の習得を望む者で、家庭の支援が得られ、本校の実施する面接、その他の審査の結果、日本語が一定の水準に達していると認められるもの。
B 家庭での日本語環境が整い、国語および日本語学習の支援が得られる者。
C 学校支援活動(安全管理や学校行事等への協力)が必ずできるご家庭。
   
<通学校舎> アクトン校舎
   
<出願から入学まで>
 編入には「入学説明会」への保護者の参加、児童生徒の面談が必須条件。
  手続きは、下記の順になります。
 (1)「入学願書」、「個人票」のデータをメール添付で 提出
 (2)入学説明会参加・入学面談
 (3)入学許可の可否
(1)   入学願書、個人票をメール添付でsat-london@thejapaneseschool.ltd.uk へ提出 
 
Excel版:  「入学願書」    個人票 提出期限 説明会実施日の2日前の昼正午(イギリス時間)までにお送りください。それ以降に届いた場合は、次回の説明会参加となりますのでご注意ください。
 PDF版:  「入学願書」  「個人票」

※原則、Excel版をご提出ください。Excelが使えない方のみPDF版をご利用ください。 
※「入学願書」「個人票」を受理後、入学説明会、入学面談についての詳細を、メールにてご案内いたします。 上記書類を送信後、返信がない場合は、補習校事務所に電話 (020−8993−7145)でご連絡ください。
(2)   入学説明会・入学面談について
   2019年度 入学説明会日程
 日程 受 付  説明会  会場 
第1回 4月10日(水) 10:15
10:30-12:00
  
 アクトン校舎
第2回 5月 1日(水) 10:20
第3回 6月 6日(木) 10:20 
第4回 8月28日(水) 10:15
第5回 10月 2日(水) 10:20
第6回 11月 6日(水) 10:20
第7回 1月 8日(水) 10:15
第8回 2月 5日(水) 10:20

場 所: アクトン校舎  説明会の会場については、当日掲示いたします。
  学校周辺の駐車可能な時間については「アクトン校舎周辺図を参照してください。
説明会  @全体説明会 → Aアクトン校舎の説明会  1時間半程度。
  説明会は長時間に及びますので、同伴されるお子様には、本や自由帳などをご用意ください。
選 考 説明会と並行して、入学希望の児童生徒を対象とした筆記試験と面談を行います。
  児童生徒の面談は、日本語で行い、「補習校での生活に適応できるか、希望する学年に応じた一定の水準の日本語力があるか等」を確認します。
(3)   入学許可
・  入学説明会への参加及び試験・面談の結果を総合的に判断し、校長または校長代行が決定いたします。補習校での生活に適応できず、日本語力、国語力が当該学年の学習水準に達していると認められない場合は、入学を許可できないことがあります。もしくは、入学する学年を変更していただくこともあります。
・   入学が許可された場合、次回の授業日から登校することができます。 
   
<学校納付金> 
下記費用を編入日(初登校日)までにインターネットバンキングで速やかに振り込む。
 
入学金
(入学時のみ)
£195
編入・退学の時期にかかわらず、
在学学期中の授業料・設備費は、
一律にかかります。

長期欠席中も同様に授業料・
設備費はかかります。
授業料
(各学期ごと)
£218
 設備費
(各学期ごと)
£4
<その他>
  日本人学校(全日制)との重複申し込みはできません。
 各校舎、クラスの定員を超えている場合は、ウェイティングになる可能性があります。
  事前の学校見学及び授業参観は行っておりません。
 日本から渡英する場合、教科書は「海外子女教育振興財団」から給付を受けてきてください。
 入学を取り消す場合や時期の変更を希望する場合は、速やかに連絡してください。
 入学に際しての持ち物 「アクトン校舎」 
 「就学前にお願いしたいご家庭でサポート(新小1用)」
   <日本語科と小学部の比較>
  日本語科  小学部 
 目的  第2母語として日本語を習得する 日本帰国後の学校生活に適応できる
国語力・日本語力を習得する 
 教育内容  児童生徒の日本語能力に応じた内容 日本語の学習指導要領に準ずる内容 
 学習内容 1〜6年: 1学年の教科書に相当する内容を2年間で履修する
7・8年: 小4〜中1ぐらいまでの漢字や語彙も扱う
 1学年の教科書内容を1年間で履修する