ロンドン補習授業校
「平成30年度新入学小学部第1学年募集要項」
平成30年度の入学は平成23(2011)年4月2日から平成24(2012)年4月1日に生まれた児童が対象です

・平成30年度小学部第1学年への4月入学希望者は、本要項に従い、手続きをお願いいたします。
・入学の申し込み受付は、平成30年1月5日以降平成30年1月20日(必着)までです。これ以前の申込みはできません。

・事前の学校見学、授業参観は行っておりません。入学説明会の際、保護者のみ授業を参観できます。

小学部第1学年
 1 出願資格  本人が英国の学校または国際学校に在学(予定を含む)し、かつ保護者が英国に在住していること。また、以下の各項目に該当していること。
・平成23(2011)年4月2日から平成24年(2012)4月1日までに生まれた者。
・帰国後の学校生活への適応を目的としている者および帰国は未定であるが国語学習への意欲があり、一定の日本語力と学年相応の
 国語力があると認められる者(面談を行う)。
・家庭での日本語環境が整い、学習支援が得られる者。
  ・学校支援活動(安全管理や学校行事等への協力・参加)が可能な家庭。
     
 2 通学校舎 居住地によって、通学する校舎を指定する。入学後の転居等以外は校舎変更は不可。
     
 
3 出願から入学まで
手続きは、(1) 出願書類のデータの提出 → (2)新入学説明会 → (3) 新入学面談 → (4)入学許可の順となる。 
   
  (1)出願書類のデータの提出 
入学願書と個人票をHPよりダウンロードし、必要事項を入力してください。
(Excelでの入力ができない場合は、PDF版を使用してください。)

Excel版
:メール添付にてsat-london@thejapaneseschool.ltd.ukに送信してください。
PDF版:入力または手書きで記入後、スキャンしたものをメール添付で送信するか、原本を補習授業校事務所まで 郵送してください。

出願書類 @ 入学願書(Excel版)」  「入学願書(PDF版)  ※ 裏面:新・編入学アンケート

「誓約書」
部分にはサインをしないでください。説明会後にサインをしていただきます。
A 個人票(Excel版)」  「個人票(PDF版)」   ※ 両面
     ※ メールの件名に、「新入学・校舎名・児童氏名」。 例:「新入学・アクトン・○○」
   添付のエクセルのファイル名は、願書には「校舎名・児童氏名・願書」、個人票には「校舎名・児童氏名・個人」を
   打ち込んでください。例:「アクトン・○○・願書」 「アクトン・○○・個人」
     4)受付期間…平成30(2018)年1月5日より受付開始    平成30年(2018年)1月20日必着
 
1月5日以前の出願は、受け付けいたしません。
    ※ 「入学願書」「個人票」のダウンロードができない場合、また送信ができない場合は、補習授業校事務所にご連絡ください。
※ 書類受理後、補習授業校事務所から書類受理の連絡を行う。書類送信後、1週間たっても連絡が届かない場合は、
   補習授業校事務所まで電話連絡をしてください。 
※ 「入学願書」「個人票」のデータ送付時に、同時にメールで問い合せをすることはご遠慮ください。
   問い合わせをする内容がありましたら、電話でお願いいたします。
 
  (2)新入学説明会  
   
 平成30(2018)年1月27日(土)9:30〜  会場:通学校舎
 ・詳細は、「小学部新入学説明会のご案内」を参照のこと。
 ・説明会の中で、小学部1年の授業見学を行う。
 ※ 説明会受付の際、小学部入学面談時刻をお知らせします。。
     
(3)新入学面談 
   
 平成30(2018)年2月17日(土)13:30〜  会場:通学校舎
  ・詳細は、「小学部新入学面談のご案内」を参照のこと。
     面談内容
      ・面談は、児童対象ですべて日本語で行います。  
      ・集団学習に適応できるか、授業についていけるだけの一定水準の国語力があるか等を確認します。
      ・保護者は控え室で待機していただきます。(面談室には児童のみ入る)。
      ・「面談前に指導してほしいこと(就学前の方へ)」を参照してください。
   
  (4)入学許可  
     ・入学説明会への参加および入学面談が終了した後、校長が決定する。 
     集団学習に適応できず、国語力がある程度の水準に達していると認められない場合は、入学を許可しない。 
 
(ただし、再面談を希望する場合は再面談を行い、実施後に再び判断する)。
     ・ 「入学許可証」と「入学式案内」を一緒に郵送する。  
     
4 学校納付金 入学後、@所定の振込用紙を使い、速やかに学校納付金を納める。 または、Aネットバンキングで振り込む。
 入学金 £180        (平成29年度現在) ※ 納付金は、1年分では
  なく、学期毎に納入して
  ください。 
※編入・退学の時期にかかわらず、
  在学学期中の授業料は、一律に
  かかります。
※長期欠席中も授業料はかかりま す。
 授業料 £180(学期ごと) (平成29年度現在)
 設備費  £2(学期ごと アクトン校舎のみ) 
     ※ 上記の学校納付金については、入学後にお支払いください。学校納付金は新年度、変更(改定)される場合もあります。
     
5 その他 ・補習授業校日本語科または日本人学校(全日制)との重複申込みは、不可。
・日本から渡英する場合、「海外子女教育振興財団」から教科書の給付を受けてくること。
・願書提出後に、入学を取り消す場合や時期の変更を希望する場合は、速やかに連絡をすること。
・各校舎、定員を超えた場合は、ウェイティングになる可能性あり。
  ・渡英の関係で、平成30年1月20日までに入学申込みができない場合は、補習授業校事務所までお問い合わせください。
   ★日本語科も検討しているご家庭は、必ず願書受付期間中に補習授業校事務所にご相談ください。
     
 6 連絡先   ロンドン補習授業校事務所  THE JAPANESE SATURDAY SCHOOL IN LONDON
    住所:87 Creffield Road,Acton,London W3 9PU
    電話:020−8993−7145 内線:3(火〜金) 9:30〜1700     
E-mail:
sat-london@thejapaneseschool.ltd.uk
     

小学部第1学年と日本語科1年の違い

入学に際し、小学部1学年か、日本語科1年かで検討されている場合は、参考にしてください。

小学部1学年   日本語科1年
目 的   学習指導要領に基づいた日本の義務教育レベルの「国語」を学習する。 「日本語」を学習し、将来に役立てる。 
   日本語の

  習得状況
・学齢相応の日本語を聞き取り、理解し、表現することができる。 

・日本語の基礎は身に付けていることを前提に、国語学習に取り組む
 ことができる。  
(例)「ひらがな」の読み書きが、ある程度できる。
   
・学年相応の国語の学習を進めることができる。
・基礎的な日本語を聞き取り、理解し、受け答えができる。
 
・日本語を基礎から学習しなおし、国語学習につなげる。
 (例)基礎的な名詞、動詞、語彙などをある程度身に付けている。
 
・日本語の能力に応じた学習を進めることができる。  

 入学式

平成30年4月21日(土) 10:00〜 1時間程度   会場:各校舎  

登下校は通常通り(9:30〜12:15)
「入学式案内」は入学許可された児童に対して、「入学許可証」」と同封してお届けいたします。。