<学校紹介>
       
   学校について
  ロンドン補習授業校は、英国の学校や国際学校に在籍している英国在住の日本人子女等に対して、学習指導要領に準じた国語教育を
行うことを通して、帰国後の学校生活に順応できる素地を養うことを目的としています。
   
1.   学校の名称   ロンドン補習授業校 THE JAPANESE SATURDAY SCHOOL
   
2.   所在地      87 Creffield Road, Acton, London  W3 9PU
   
3.   連絡先      電話:020−8993−7145  E-mail sat-london@thejapaneseschool.ltd.uk
   
4.   運営母体     日本人学校有限会社
   
5.   基本方針
    ・英国の学校や国際学校に在学している英国在住の学校教育年齢に相当する日本人子女を対象とする。
    ・小学部、中学部、および高等部は、帰国後の学校生活に適応できるよう、学習指導要領に準じた国語指導を行う。
    ・日本語科は、第2母語としての日本語教育を行う。
   
6.教育目標  
   ・国語をしっかり学ぼう  ・友達と仲良く生活しよう  ・お互いの学習成果を認め合おう
   
7.学校のあゆみ  詳しくは「学校の沿革」をご覧ください。
   ロンドン補習授業校のスタートは、1965年日本クラブ主催の「日本語教室」です。その後、1976年6月に、日本人学校有限会社が
設立され、ロンドン日本人学校との併設で再スタートを切りました。
 ロンドンにおける在留邦人の増加にともない、児童生徒も増え続け、1992年には、1831名に達しました。現在、約600校の現地校や
国際学校に在籍する約1300名の子どもたちが、ロンドンやその近郊から通学しています。世界でも指折りの大規模補習授業校です。
本校は、現地校や国際学校に通う子どもたちが、日本的な学校生活を体験できる場所として、貴重な役割を果たしています。
   
8.設置学部    小学部 ・ 中学部 ・ 高等部 ・ 日本語科    
   ・高等部と日本語科は、アクトン校舎のみに設置しています。
 ・日本語科は、第2母国語として日本語の習得を望む児童生徒を受け入れる学部です。段階別に8学級を設けています。
   
9.校舎          
   住居区による、校区制を取っています。詳しくは、「通学指定区域」をご覧ください。
   
 アクトン校舎 小学部・中学部・高等部・日本語科
(日本人学校(THE JAPANESES SCHOOL)と共有
87 Creffield Road, Acton, London  W3 9PU
  地下鉄Central線  West Acton   駅 徒歩10分
  地下鉄Piccadly線 Ealing Common駅 徒歩15分
 ブレント校舎  小学部・中学部
(WHITEFIELD SCHOOL) 現地校を借用
 Claremont Road、London  NW2 1TR
  地下鉄線Northern線 Brent Cross駅 徒歩12分
 クロイドン校舎 小学部・中学部
(CROYDON HIGH SCHOOL FOR GIRLS) 現地校を借用
 Old Fareigh Road,South Crydon CR2 8YB
  Bretish Rail線 East Crydon駅 バス64番 20分、バスT33番 20分
   
10.開設教科   国語科
   ・小・中・高の各学部は、学習指導要領に準拠した内容を一斉授業形式で行っています。
 ・日本語科は、独自のカリキュラムに則って、授業を進めています。
 
11.授業日
  土曜日の午前中。年間40回程度。4月始業〜3月修了の3学期制。
   時間的な制約がありますので、様々な工夫をしています。また長期休業日として春・夏・冬休みがあります。
 詳しくは、「年間計画」をご覧ください。
 
 1学期  平成29年(2017)年 4月22日〜 7月22日(14回授業日)
 2学期  平成29年(2017)年 9月2日〜12月16日(30回授業日)
 3学期  平成30年(2018)年 1月 6日〜 3月17日(40回授業日)
12.教科書
  小学部・中学部→光村図書出版  高等部→筑摩書房  日本語科→国語の教科書やプリント類 
   ・小中学部、及び高等部の教科書は、日本で最も多く使われているものを使用しています。
 ・小中学部の児童生徒の教科書は、渡英前に海外子女教育振興財団で手続きをして、もらい受けてください。
  └すでに渡英されている場合は、入学申し込みの際に、本校にご相談ください。
 ・高等部・日本語科の児童生徒の教科書は、入学説明会の際にご説明します。
   
13.学校行事
  入学式 卒業式 授業参観 学級懇談会 運動会 など
   ・日本的な学校体験をさせる意味で、さまざまな学校行事を行っています。(「こいのぼり集会」 「たなばた集会」 「百人一首大会」 など)
 ・各校舎毎に、特色ある取組を行っています。
   
14.授業料・入学金  
   ・授業料:180ポンド(毎学期)  入学金:180ポンド(入学時のみ)
   ・アクトン校舎では、ほかに施設維持費として、2ポンド(毎学期・一人分)がかかります。
 
授業料・施設維持費(各学期)   入学金(入学・編入時)  ※授業料は、年間合計ではなく、
  学期毎にお支払いください。
入学金、授業料は平成27年度より値上げ。
アクトン校舎  £182(含:設備維持費 £2) £180
ブレント校舎  £180
クロイドン校舎  £180
   ・支払い方法  詳細は右の各校舎を参照してください。「アクトン校舎」 「ブレント校舎・クロイドン校舎
    @学期はじめに配布される振込用紙を使った入金
     ・用紙配布後10日以内に現金または小切手で振り込む。  ・振込用紙は両面記入   ・銀行で受け取る半券は、領収書として保管する
    Aインターネットバンキング・銀行振込機での入金 
     ・振込終了後、Eメールまたは電話で事務所に連絡してください。 
   ※ 学期途中の編入や退学でも、割引や返金は行いません。
   ※ 長期欠席の場合でも、授業料はかかります。
   ※ ご不明な点は、補習校事務局へお問い合わせください。
     アクトン校舎事務所 火曜日から金曜日 10:30〜17:00 Tel.020-8993-7145 内線(305)
   
15.保護者の役割
  @お子さんの家庭での学習サポート A「学級委員の会」の組織・運営など補習校の運営に関わること
   ・教室での学習(重点項目の学習)と家庭での学習(反復、習熟、予習等)の両立が不可欠と考えています。
 ・本校の運営には、「学級委員の会」の全面的なサポートが必要です。全保護者が「学級委員の会」に所属します。
 ・学校行事での積極的なボランティア参加がないと、行事が成り立ちません。
   
16.スクールバス
  アクトン校舎にのみ、一部の地域の保護者による、自主運営のバス(アクトン校舎行き)があります。
   ・ルート等詳細については、アクトン校事務所・内線304にお問い合わせください。
   
17.連絡や質問・相談
  すべて、アクトン校舎事務所で受け付けています。  火曜日から金曜日 10:30〜17:00 お気軽にどうぞ。
 Tel.020-8993-7145  アクトン校について(内線:#304)・ブレント校について(内線:#303)・クロイドン校について(内線:#302)
 Fax.020-8992-1224 
 E-mail sat-london@thejapaneseschool.ltd.uk
   ・文部科学省からの派遣教員と事務職員が、本校に関するご質問や様々なご相談にお答えします。  
   
  生活ときまり
   
1.学習の進め方
   ・教室では、授業開始の挨拶など、国内で行われている習慣を取り入れています。これは、日本の学校文化を習得するためです。
 ・授業は、学級担任による一斉授業方式で進められます。
 ・授業内容は、「学習指導要領」に掲げられたもので、教科書も文部科学省検定済の国内用を使います。
 ・授業時数が限られていますので、教室学習と家庭学習とを合わせて学習目標を達成するよう計画しています。
 ・教室では、基礎的・基本的事項と要点を指導します。基礎・基本として重視しているのは、音読・作文・視写・漢字です。
 ・教室で学んだことの定着・習熟のためのドリル的な学習や、応用・発展的な学習は、宿題および自学としていますので、家庭での指導をお願い
  します。「家庭は第二の教室、保護者は第二の担任」とお考えください。
   
   
2.欠席等の連絡について
  !!!無断欠席は厳禁です!!!
   2週間続けて無断欠席すると、電話で確認をします。4週間続けて欠席すると手紙で在籍の確認をします。確認がとれない場合は、
除籍扱いとなりますので、ご注意ください。なお、その場合も、納入された授業料等は返却いたしません。
   連絡の方法は以下をご参照ください。
 
事前に分かっている欠席の場合
 ○ 事前に、各校舎職員室で、「欠席届」に記入して提出する。
 ○ 事前に、各担任に書面にて連絡する。
 ○ Eメール・電話・手紙で、補習授業校事務所へ申し出る。
    「校舎名」「学年・クラス」「氏名」をしっかり明記及び伝えててください。
当日の急な欠席の場合
 ○ 電話で、アクトン校舎事務室へ知らせる。
  (アクトン校舎から、ブレント校舎・クロイドン校舎へ連絡がいきます。)
   Tel.020-8993-7145 (内線番号は押さないでください。
   
 3.欠席封筒について
   欠席した場合に、あらかじめ封筒をご用意いただければ、配布物や宿題等をご家庭に送付します。担任に提出してください。
  ○ A4サイズの封筒 (常時、担任の手元に3枚あるようにしておいてください。)
  ○ 宛名・住所・「FIRST」明記
  ○ Large first または 98ペンス以上の切手(2017年4月料金改定)を貼付
     長期休業中前の欠席ですと、お渡しする資料が多くなります。100g以上になる場合は、封筒は2つになりますので、ご注意して
     ください。
 ※郵便事情により、配達が遅れる場合があります。水曜日になっても届かない場合は、補習校事務所へお問い合わせください。
 
 4.長期欠席について
   ・長期欠席届を提出してください。用紙は各校舎にあります。また、補習校のHPよりダウンロードが可能です。「長期欠席届」
   ・長期欠席中も授業料はかかります。
   ・長期欠席中は、家庭学習をしっかりとやってください。
   ・状況によって、校長、校舎長の面接があります。
 
 5.住所等の変更について
   「住所」「電話番号」「緊急連絡先(携帯電話など)」「現地校」が変更になった場合、「住所等変更届をご提出いただきます。
 用紙は各校舎にあります。補習校HPからダウンロードもできます。
   
6.保健・養護について
   各校舎には、ファーストエイドの資格を持った養護担当講師がいますが、薬剤の投与や医療機関(病院)への搬送は、法令により行えません。
 したがって、授業日(土曜日)は、校舎からの連絡がいつでも受けられる態勢をおとりください。
 新年度には、全員に「個人調査票」をお配りし、ご記入の上、提出いただいています。
   
7.持ち物について
   ・国語教科書(日本語科は指示された教材類)
  筆箱・鉛筆・消しゴム・ノート・副教材(「国語の学習」・「漢字スキル」・「ワークブック」・「資料集」等)・定規・その他担任が指示したもの。
 ・飲み物(水、お茶類)は、各自のご判断でご用意ください。
 ・お菓子・ジュース類、また、ゲーム等の授業に関係ない物の持ち込みは禁止します。
 ・持ち物には、必ず日本語で記名をお願いします。
   
8.IDカードの着用について
   本校では、児童生徒、保護者のみなさんに、「IDカード」を発行しております。
 保護者のみなさんは、IDカードが見えるように、必ず着用してください。
 児童生徒は、通学カバン等に入れて、携帯させてください。

 ※紛失等の場合は、購入(50P)していただくことになりますので、各校舎の職員室にお問い合わせください。
   
9.教育相談について
   補習授業校での学び方や、帰国後のことに関する相談は随時お受けしています。補習授業校事務所にご連絡ください。
   
10.その他
   登下校の方法・図書の借り方・時程・教室配置・学級委員の会の活動などは、校舎ごとに異なります。各校舎長や職員室におたずねください。
   
11.退学について
  所定の退学届」を提出してください。
   ・用紙は各校舎にあります。本HPからダウンロードもできます。
 ・退学日(最終登校日)の2週間前までにご提出ください。帰国が理由での退学の場合は、学校から「教科書給付証明書」と「在籍証明書」
  をお渡しします。
 ・退学の場合、退学の時期にかかわらず、在学学期中の授業料は一律にかかります。授業料等の返金は行いません。
 ・「退学届」が提出されない場合は、在籍とみなして授業料の払い込みをお願いすることになります。
 ・日本へ帰国される方には、「帰国時アンケート」のご協力をお願いしています。
   
12. 「学則」における退学規定
   第10条 2 次の者は校長または校長代行の判断で退学させることができる。
 @授業料を期限内に納付しない保護者の子女
 A長期にわたって連絡が取れない者。
 B学力向上が見られず、将来にわたり学力向上が見込まれない者。
 C校内活動の秩序を著しく乱したり、授業の進行を著しく妨げる者。
 Dその他、退学させることが適当と校長または校長代行が判断した者