こんぺいとう   平成29年度
 10 月 21 日号
《日記》 なつやすみのにっき
ブレント 小1
 きのう、せかいりくじょうにいきました。あめがいっぱいふってきました。よるだったから、くらかったです。ひかりがいっぱいありました。しゃしんをとるロボットがいました。ハリボをたべました。はなびがあがりました。きれいでした。あかいはなびでした。とてもたのしかったです。 せかいりくじょうではせかいでいちばんはやいひとがはしります。たまをなげるひともいました。おもそうでした。すなのなかにとびこんでいました。あかいせんをさわったらあかいはたをあげます。せんしゅたちはとてもかっこよかったです。
【評】 華やかな世界陸上の様子が目に浮かびました。見たこと、感じたことを上手に書くことができましたね。

《日記》 海
アクトン 小2
 「タコだぁ。タコがいるよ。早く見においで。」
石のはまで、お母さんと休んでいたら、お父さんとおにいちゃんの大きなこえがしました。ぼくもまわりの人もびっくりして、海の中にいるお父さんたちを見ました。いそいでゴーグルとフィンをつけておよいで行ったら、もう知らない人がなん人かあつまっていました。
「そこにいるよ。見てごらん。」
と、お父さんが言ったから、ぼくはタコがにげないように、そうっと見てみました。サッカーボールぐらいの大きさのちゃ色いタコが岩の間にいるのが見えました。お父さんがさわろうとしたら、タコの色はちゃ色から白にかわってびっくりしました。こんどは、くろいすみを二回はいて見えなくなってしまいました。
 いきているタコをみれて、とてもうんがよかったです。しゃしんをとってお母さんとおばあちゃんに見せてあげたかったです。
【評】 海で大きなタコを見つけた時の驚きと喜びが伝わってくる絵日記ですね。隆太さんのお父さんに捕まりそうになった時のタコの様子が目に浮かびました。

《俳句》 夏の思い出
クロイドン 小5
 
 かけぬけろ ひまわり迷路 汗かいて

クロイドン 小5
  
 ボード乗る 見える景色は 空の青
【評】 夏の楽しい思い出が目の中に浮かんできますね。

《作文》 びわ湖
ブレント 中1
 私は毎年日本に行くと、びわ湖に泳ぎに行きます。びわ湖は滋賀県にある、日本中で一番大きい湖です。湖で泳ぐのは海で泳ぐのとまったく違います。水には塩が入っていなくて、波もないので、とても泳ぎやすいです。
 でも、良くない点もあります。一番悪いのは魚がいることです。魚は小さいけど、泳いでいると中に横を見ると魚が泳いでいるのを見ます。二つ目は石です。間違って石にさわるのは良くないですが、座るのはもっとひどいです。石はすべすべしていて、動いていて生きている気がします。でも、この二点以外には悪いことはありません。それと、この二点は浅い所のことです。深くなると草がいっぱい生えていますが、魚も石もないです。深くなると、外にあるきれいなプールに似ています。でも、大きな違いはプールは人間に作られていますが、湖は自然のものです。どっちの方が好きかは人によりますが、私はプールより湖の方が好きです。
【評】 湖で泳ぐ機会に恵まれているさらさんは、とてもラッキーだと思います。海だって魚はいますから普通ですよ。湖の魚と一緒に泳げるなんて、それもいいことのひとつじゃないかな。
《詩》 砂のカメレオン
クロイドン 小4
 海に行って
 日光浴して
 体を砂ぐらい黄土色にしたら
 砂のカメレオンになった
 夏の暑さとも戦える
 みんなのヒーロー
 スーパーカメレオン
 負けないぞ!
【評】スーパーカメレオンの林檎さんを想像したら、思わず楽しくなりました。暑さにも負けず夏を過ごしましたね。

《日記》 名犬モジョ
アクトン 日4
 昨日、学校の帰り道にぼくの家の近くで男の人が犬をさんぽさせていました。その犬は黒くて白い口をしたとってもかわいい犬だったので、お母さんといっしょに「犬にさわっていいですか。」と男の人に聞きました。その男の人はじつはけいさつかんで、犬の名前はモジョで、ばくだんをさがす、とてもえらい犬でした。
 モジョはマンチェスターアリーナのばくはじけんの後、さいしょにげんばに行った犬でした。モジョのしゃしん入りの名しをくれました。
 すごくたのしかったです。
【評】思いがけず有名な名犬との出会いでしたね。





BACK