こんぺいとう   平成29年度
6月3日号
《作文》 たんぽぽ       アクトン 日3
たんぽぽは、みちばたにたくさんさいています。学校からのかえりみち、たんぽぽをかんさつしました。
 花びらはあかるいきいろで、ほそながいかたちをしています。その花びらがなんじゅうにもかさなっています。
 たんぽぽのくきは、白っぽいみどりで、ストローみたいにながほそいかたちです。くきをおると、白いしるがでてきます。それはラテックスです。それをさわると手がべたべたしました。
 はっぱは、こいみどりいろです。ほそながくて、ぎざぎざです。サラダにはいっていそうなはっぱです。
 たんぽぽは、とってもきれいな花です。


【評】 色や形を詳しく調べたり、茎を折って手で触ってみたり、  大変すばらしい観察名人です。

《作文》 どきどきの三年生     アクトン 小3
わたしは、今日から三年生です。二年生で同じクラスだった人が、ほとんどちがうクラスでさびしかったけど、少しは同じクラスの人もいたので、うれしかったです。私は、このクラスで、たくさん友だちを作りたいと思います。なぜかというと、わたしはそんなに友だちがいないからです。先生とクラスみんなで、なかよくしたいです。
 二年生の時は、すごくどきどきしていたけれど、今はもうすごくわくわくしています。
 三年生のかん字は、二年生のかん字よりずっとむずかしいと思うけど、がんばろうと思います。

【評】 三年生になって、わくわくしている気持ちと「頑張ろう」  という意気込みが感じられる力強い作文です。

《詩》 春がきた     ブレント 小2
 お日さまポカポカこんにちは
 たんぽぽゆれるとニコニコしている
 しばふであそべてうれしいな
 しばふはぼくのスペシャルベッド
 草でゴロゴロねむくなるな
 はるかぜそよそよきもちいいな
 はげぼうずの木にめがでてきてうれしいな
 ピンクのさくらモコモコしてわたがしみたい
 みつばちさんはちみつつくるのたのしそう

 
【評】 「春風にふかれながらやわらかな草の上でごろごろ・・」  気持ちのいい季節を詩で表現できました。

《作文》 四年生になったら     ブレント 小4
この一年でわたしは、読書では二百さつは読みたいです。半分は小説を読みたいです。
 宿題では、三年生の時と同じように提出したいです。宿題はじゅくの宿題がたくさんあるので、できるだけ二日間で終わらせたいです。授業中では、もっと発言をしたいです。
 音読では、もっと速くはっきりと読めるようになりたいです。そして、もっと大きな声で読みたいです。友だち作りは、もっと知らない人をさがしていっしょに遊んだりして、いっしょに仲良くなりたいと思います。
 作文は、もっとはく力がある言葉を使いたいです。お父さん、お母さんの手つだいなしで、五まいぐらい書いてみたいです。
 未来のわたし、そのときには、これ全ぶできていますか。
【評】 この一年間に達成したい目標がしっかりと書けました。「は  く力」のある言葉をたくさん使って、印象に残る作文を書き  ましょう。

《詩》 春の菜は     クロイドン 小五
黄色でピカピカ
 菜の花は
 春の間でてくる
 花なのよ

 黄色でピカピカ
 菜の花は
 まわりの草を黄色に
 かがやかせるのよ

 黄色でピカピカ
 菜の花は
 愛がこもっている
 花なのよ

 黄色でピカピカ
 菜の花は
 きれいできれいで
 かがやくのよ

 春の菜は
【評】 この詩を読むと、春の菜の花の咲いている様子が目の中に  浮かんでくるようですね。

《 


【評】

《 


【評】

《 


【評】

《 


【評】

《 


【評】


BACK