こんぺいとう   平成28年度
《作文》 ブルーベル    アクトン 小4
 今朝、父と妹とぼくの三人でサルハムの森へ行きました。
 森に入ったとたん、土のかおりと鳥たちのさえずりが聞こえました。森の朝はとてもすがすがしいです。
 森のおくへ入って行くと、辺り一面ブルーベルで、むらさき色のじゅうたんが広がっていました。いっしょに行かなかった母のために写真をとりました。
 ぼくと妹はYの形のえだを見つけたり、急な坂を登ったりました。登る時、ずり落ちないように木の根っこや岩をつかんで考えながら登るのは、スリルもあって楽しかったです。
 家に帰って、ひろったYの形のえだで、スリングショットをつくりました。新聞紙で作ったボールもです。上手に飛ばすことができました。
 ぼくのバンクホリーデーは近所で自ぜんをまんきつできました。
【評】 森の中のブルーベルの美しさが伝わってくるようです。自然の中でたくさん遊べてよかったですね。

《日記》 ウィスタブルの一日    アクトン 日4
  今日ぼくは、家ぞくでウィスタブルへ行きました。ウィスタブルは、海べにあり、カキがとれるゆう名なところです。
 お昼にシーフードレストランに行きました。ぼくは、フィッシュアンドチップスをたべました。ぼくがたべた中で一ばんおいしかったです。なまガキもためしましたが、ぼくは、あまりすきではありませんでした。パパとママは、なまガキがおいしいとたべていました。
 お昼のあと、町を歩きました。ママは、しゃしんをいっぱいとっていました。
 とてもたのしい一日でした。
【評】 ウィスタブルでの楽しい一日がよく書けています。先生も生ガキが食べたくなりました。

《作文》 絵を見て書こう    アクトン 小4
 5月の3日の日に、家ぞくぜんぶでゆうえん地にいってきました。ずい分、たくさんの人がいましたが、とても楽しい一日でした。
 さいしょに乗ったのは、赤と青のジェットコースターでした。5000円でした。のって、まっている間ドキドキしました。さいしょは大じょうぶだったけど、さいごは、とてもこわかったです。おちそうでした。
 そのつぎは、ミニふれあい動物園で馬にのせてもらいました。馬にのったことはないので楽しみでした。動物園の人が引いてくれました。馬の毛はふかふかして気もちがよかったです。馬の足のパカパカする音がぼくはすきです。
 楽しい一日でしたが、こんど行ったら、ちがうイベントにも行ってみたいです。ぼくはゆう園地が大すきです。
 
【評】 場面を想像し、そこにいた気分になって、自分の思いを詳しく文にすることができました。

《日記》 チャリティーマラソン    クロイドン 小3
 わたしはグレートオルモンドストリート子どもびょういんのチャリティーマラソンに出ました。マラソンは五キロのコースを走りました。
 と中で氷のような水を頭にかけました。体がきゅうにさむくなって、走るのをやめようかと思いました。けれども、わたしは昔、このびょういんの先生にびょう気をなおしてもらったので、がんばってさいごまで走りました。体が元気になった気がしました。
 また来年もやりたいです。
【評】 最後まで走り抜いたことは、いろいろな面で良いことにつながっています。あすかちゃんのお医者様も元気になったあすかちゃんのことを喜んでくださっているでしょうね。

《作文》 アーサーのボブ    ブレント 小2
 きのう、かぞくといっしょにアーサーのいえにいきました。
 アーサーのいえには、ボブという名まえの大きなトカゲがいました。からだ中にとげがあり、大きさは30センチぐらいです。
 こわそうに見えるけれど、さわってみると、目をきょろきょろさせて、とてもかわいいとおもいました。
【評】 題名を読んだ時、何の話か想像できませんでした。アーサーの飼っているトカゲの様子がよくわかりました。
《想像を広げて書こう》    ブレント 小3
  ある日、ジャイアンは魚つりをしていました。でも、魚がなかなかつれなかったので、ねてしまいました。
 ジャイアンがおきたら、何かおもいものがつりざおにかかったと思って、ジャイアンは、
「のび太に教えてあげよう、つれたことを。それでびっくりするからね。」と言いました。
 ジャイアンがつりざおを引き上げたら、自てん車が出てきてころんでしまいました。
「あぁあ。せっかくつれたと思ったのに。」
と、くやしくてないてしまいました。
【評】 絵を見ながら、想像をふくらませ、動きのあるお話を作ることができました。

BACK