こんぺいとう   平成28年度
《短歌》 短歌で補習校    ブレント 小6 
 補習校 絶対忘れぬ 友達に
    感謝の気持ち 伝えたい
  
 補習校 毎週土曜日 朝起きて
    努力を続け テストで満点 
【評】 補習校で過ごした六年間が充実したものであったことが伝わってきます。

《日記》 日記    アクトン 小5
 12月3日と4日にわたしの通っているバレエ教室の発表会がありました。今回の発表会は今までとは少しちがっていて、昔この教室に通っていて、今はロイヤルバレエのプロのバレリーナになったジュリアロスコウが出演してくれました。ジュリアは4才からバレエを始めて、11才でロイヤルバレエ学校へ入り、19才からプロとしてロイヤルバレエで働いています。
 わたしは、発表会でいろいろなピースをおどって、ソロもおどりました。少し緊張したけれど、音楽が始まったら、楽しくおどることができました。でも、一番うれしかったことは、プロのバレリーナと同じステージでおどれたことです。ジュリアはとてもバレエが上手で、顔の表情もとてもきれいで、ずっと見ていたかったです。わたしが大人になったらジュリアのようにバレエができればいいなぁと思いました。
 2日間の発表会はつかれたけれど、とても楽しかったです。そうして、今は発表会が終わってしまって、少しかなしいです。 
【評】 音楽とともに、自然に体が動いて、軽やかに踊る○○さんの姿が目に浮かびます。プロのバレリーナの方と同じ舞台に立って、たくさんのことが学べましたね。

作文》 せつぶん    ブレント 小2
 わたしは、せつぶんの日におにのおめんを作って、かぞくみんなで「おには外、ふくは内」と言いながらまめをなげました。そのあとに、年の数に1つ足した数のまめを食べました。
 せつぶんというのは、「きせつを分ける」といういみがあるそうです。まいたまめを自分の数え年ぶんだけ食べるとびょうきにならず、けんこうでいられます。まめをまくことで、おにをおい出し、ふくをよんでくれます。 
【評】 家族みんなで豆まきができて良かったですね。○○さんの作った鬼のお面を見てみたいです。

《作文》 一せいかん字テスト    クロイドン 小2 
 わたしは一せいかん字テストで、100点をとりたいので、まず、テストのページを大きな声ではっきりと読みます。そうすると、文のいみをよくりかいができるようになるので、かん字もおぼえやすくなります。
 そして、お母さんが本当のかん字テストみたいに、パソコンでいつもプリントを何しゅるいも作ってくれるので、たくさん書いてれんしゅうをします。
 本当のかん字テストみたいにやったら、自分で答えを見ながら赤ペンで丸をつけます。まちがった字は赤ペンで書き直しします。そうすると、おぼえやすくなります。 
【評】 自分で答え合わせをすると、次にはもっと頑張れますね。

《作文》 もし私が女王様なら    アクトン 日8 
 私はタバコの臭いが大きらいです。もし、私が女王様なら、タバコを禁止したいと思います。どうしてかというと、肺癌になる可能性が高くなるからです。しかし、タバコは中毒性があり、したがって禁止されれば暴動が発生する可能性があります。
 そして、もうひとつの大きな問題は、人が歩きながらタバコをすう事です。こうすると、後ろの人がかんせつきつえんでこきゅうします。その結果として、大人でも、子供でも、病気になる事もあります。ですから、歩きながらタバコをすうのを禁止します。さらに、日本みたいに、タバコをすう人のきつえんしつを作りたいと思います。
 こうすれば、地球はもっとすばらしい所になると思います。
【評】 喫煙という社会問題を取りあげて、さくらさんの理想の世界を書くことができました。

BACK