こんぺいとう   平成28年度
《手紙》 くじらぐもへのてがみ     クロイドン 小1 
 くじらぐもへ
 こんど、わたしのいえにあそびにきてください。いっしょにりかちゃんにんぎょうであそびましょう。そのときに、いっしょに女の子の天しをつれてきてください。まいくもわすれずにもってきてください。
 りかちゃんあそびのあとは、いっしょにからおけをしましょう。たのしみにしていますね。 
【評】 くじらぐもと天使とのパーティーが楽しみですね。くじらぐものために食べ物をたくさん用意してくださいね。漢字を使って上手に手紙が書けました。

《作文》 ブレントまつり    ブレント 小2
 みんなは、しらないとおもうけど、ぼくのお父さんがしゃてきのゴムじゅうを木で作ったんだ。
 ぼくはゴムじゅうをにぎった。おもってたよりかるかった。レバーをゆびでひくとゴムがまとにとぶ。ぼくはまとをじっと見てうった。ようやく2回目でまとをたおした。とてもうれしかった。当たりはひこうきのセットだった。たのしかった。 
【評】 ブレントまつりはお父さん、お母さん方が支えてくださっています。みんな楽しい時間を過ごせましたね。

《日記》 持久走    アクトン 日5
 木曜日に持久走をしました。学校の近くにある運動場でしました。運動場を三周してやっと終わりました。合計2.5マイルです。先週もやって、一月もまたやります。
 1周目は8分で走りました。記録は30分30秒でした。それは先週と比べて1分早かったです。走っている時は足がいたかったけど、また走りました。ぼくの友だちはぼくとにたような記録でした。今度は一度も止まらずに走りたいです。 
【評】 長い距離を自分と戦いながら走るのはきついけれど、頑張った分だけ速くなりますね。

《作文》 習字    アクトン 小3 
 今日、習字をしました。2時間目の休み時間から始まりました。ぼくは、新品の習字道具を持っていたので、楽しみでした。
 さいしょに、「水」の漢字を何回も自分の新聞紙に練習し、本番にそなえました。えん筆で書くのとはちがい、はらうのがむずかしかったです。
 夏休みに、おばあちゃんとおじいちゃんの家で「日本」という漢字を書いていたので、あまりどきどきしませんでした。
 小さい筆で自分の名前も書きました。筆が小さかったので、前よりむずかしかったです。
 習字の時に、しっかりと正ざをする事を教えてもらいました。ずっと正ざをしていたら、足がとてもいたくなりました。
 思うように書けたので、とてもうれしかったです。ぜひ、また習字をしたいと思います。 
【評】 習字を楽しんだ様子がとてもよく分かるよい文です。学びながら思ったことがたくさん書けています。

《日記》 たのしみは    アクトン 小1 
 もうすぐクリスマスとお正月です。
 わたしがたのしみにしていることは、おばあさんの○○のいえにいってクリスマスのパンをたべることです。クリスマスのパンは、ほしぶどうがはいっています。そして、パンの上にはほしのかたちをしたクッキーきじがのっています。とてもすきです。
 それから、サンタクロースがくるのがたのしみです。サンタクロースのために、ぎゅうにゅうと、にんじんと、ミンスパイと、お水と、ビスケットをよういします。
【評】 年末の楽しみにしていることを上手に書いています。○○おばあさんの家で、楽しみにしていることがよく分かります。

《作文》 人間と自然の関わり方    ブレント 中2
 人間がこれからも長い間暮らしていくには、イースター島のようにやたらめったら木を伐採して森を消滅させないようにしないといけない。
 しかし、昔してしまった過ちのせいで砂漠化してしまった森もあるので、その森を回復させるため襟裳岬のように森に木を植えていかないといけない。
 森は、人間の文明を守る生命線であり、生態系の根本なのだから、むやみに伐採せず、増やしていけるように寄り添っていかないといけないと思う。 
【評】 モアイ島での事象と襟裳岬の記事から、人と自然との関わり方を考えてもらいました。未来につなげていきたいですね。

BACK