こんぺいとう   平成28年度
《作文》 よくできた    アクトン 旧日3 
 わたしはバイオリンをひいたとき、お母さんが
「よくできた。」
と言ってくれるとうれしいです。ほめてもらうと、もっとがんばっていい音でひこうと思うからです。
 バイオリンの先生が、
「とてもいい音だな。」
と言ってくれる時もうれしいです。
【評】 お母さんやバイオリンの先生に褒められて、ますますきれいな音を奏でる○○さんのバイオリンの音が聞こえてきそうです。

《日記》 大えいはくぶつかん     アクトン 旧小1
 わたしは、大えいはくぶつかんにいきました。ついたら、はいってワニのミイラを見ました。すこし、こわかったです。
 上のかいにいって人のミイラを見ました。とてもこわかったです。どうしてこわかったかというと、はが見えたからです。あと、ほんとうにうごくとおもったからです。
 そのあと、いろいろなものを見ました。上のかいに上がって、日本のむかしのものとかを見ました。そこで、ちゃしつを見ました。すごかったです。そして、きれいでした。
 おひるごはんにわたしは、フィッシュポテトをたべました。
【評】 本物のミイラを見た時の様子が上手に書けましたね。

《作文》 ほしゅう校の一年生になって    ブレント 旧小1
 1年生になって、わたしが一ばんがんばったのは、かん字です。1つのかん字でもいろんなよみかたがあるのをしりました。わたしは、はじめてかん字をならったとき、大きくなったんだなとおもいました。
 先生といっしょに、花いちもんめやいろおにであそんだのがたのしかったです。
 お手玉や竹うま、けん玉など、むかしからあるあそびもしりました。
 まい日、本をよんだり、おべんきょうはむずかしかったけど、たのしかったです。 
【評】 1年間、本当にいろいろなことを頑張りましたね。大きく成長しました。

《作文》 散歩    クロイドン 旧小6
 私は悪くない。
 だから絶対に「ごめんなさい。」は言わない。言うもんか、お父さんなんかに。
 私は5時半に友達と別れて、6時までに家に帰って来ると言った。お父さんが勝手に5時半に帰って来ると思っていたんだ。
 確かに、6時を1分過ぎたのは悪かったけど、5時半に帰ってくるとは言わなかった。それなのに、お父さんは
「30分も過ぎてるぞ。」
と、怒った。
「6時までに帰ってくる。」
とお父さんに言ったけど、お父さんは、私の言うことは全然聞いてくれなかった。そして、そのままお父さんは出かけてしまった。
 しばらくすると、お父さんは何もなかったような顔で帰って来た。そして、
「散歩に行こう。」
と言った。私はまだ怒っていたけど、
「うん。」
と答えた。
 歩いている間、いろいろな話をした。そのうちになんだか楽しくなってきた。
「ごめんなさい。」とは言わなかったけど、なんだか仲直りした感じがした。
【評】 このような誤解でよくけんかになります。お父さんと一緒  に散歩しているときの様子が読んでいて伝わってきます。一生忘れられない散歩になりましたね。

《日記》 冬休みの絵日記    ブレント 旧小3 
 きのう、ぼくたちは、6年生の△△の家族といっしょに、ライオンキングを見に行きました。
 ものすごく大きいげき場で、絵がたくさんありました。ぼくたちのせきは、1番上の階でした。前から2番目だったので、よく見えました。
 ショーは歌や音楽、おどりがいっぱいで、いろいろな動物が出てきて、大きいぞうが出てきた時は、
「どうやって作ったのだろう。」
と思いました。
 バンドに入っているお父さんの友だちが、ショーの後、ステージの後ろを見せてくれました。動物のお面とかいしょうがずらっとならんでいて、びっくりしました。もう一回、見に行きたいです。
【評】 ライオンキングを見に行った感想を、自分の気持ちや会話文を入れて、よく書けています。

《詩》 春    クロイドン 旧小2
コスモスさん、
朝やけのようなピンク色だね。
水せんさん、
ゆでたまごの黄みのような
あざやかなオレンジ色だね。
どの花もぽかぽか太陽さんに
にこにこあいさつしてる。
【評】 読む人の心もぽかぽかしてくるような、とても暖かい春の様子がかけました。

BACK