こんぺいとう   平成28年度
《曜日歌》 よう日うた    ブレント 小1
 お日さま にこにこ、日よう日。
 月が空に出た、月よう日。
 火がメラメラもえる、火よう日は。
 水をゴクゴクのむ、水よう日。
 木がいっぱい、木よう日。
 お金がキラキラ、金よう日。
 くろい土出る出る、土よう日だ。 
【評】 「メラメラ」など、様子を表す言葉を使い、上手に書けました。

《感想文》 「英国一家、日本を食べる」を見て    ブレント 中2
 今回のビデオは、外国人が日本にやってきて、日本食を食べていきながら、日本食のことを深く習う、とても興味がわいてくるビデオでした。
 イギリスからきた家族が、日本全国を巡り、大阪のおばちゃんに巡り会ったり、日本食のマスターのような重大な人物に会ったりして、普通の日本人ではめったにないような生活をしていました。私が一番興味がわいてきた所は、京都代表のシェフが選ばれる場面で作られていたダシの作り方や、日本食でダシの重要さが説明されていた場面です。私はそこで、ダシをとるのはこれだけ大変なのだなぁと実感しました。
 私のお父さんもイギリス人で日本食が好きですが、このビデオに出てきたイギリス人は、とても興味がわいて、もっと学びたいという所がすばらしいと思います。最近日本では、洋食が増えてきて、日本食の文化が減ってきてしまったら、日本の魅力が一つなくなってしまうということです。それを防ぐために日本食を守らなければいけないと思います。 
【評】 「和食」はユネスコ無形文化遺産にも登録され、健康的で栄養バランスも優れているものなので、意識して守っていきたいですね。

《漢字の宿題》 かん字の文作り    クロイドン 小1
 月よう日、お金もちの人がよる森にいきました。森の中には車やさんがありました。
 そのお金もちの人は、はねのついたリムジンをかいました。その車にのると、月まで上がりそうなほどとべました。その人はその車でいえにかえりました。
 いえにつくとそのお金もちの人は、2かいに上がって、ベッドのよこのひきだしに車のかぎをしまい、ねました。
【評】 今週習った漢字を全部使って面白いお話が書けましたね。

《作文》 まっちゃのこと    クロイドン 小3 
 まっちゃとは、うちでかっているねこの名前です。今日はまっちゃのことについて書きたいと思います。
 まっちゃはちゃ色のサビトラの9才のメスです。来年の3月で10才になります。ぼくがうまれる前にこの家にせんちゃといっしょに来ました。2ひきは姉妹です。はい色のトラで顔がまっちゃにそっくりだったせんちゃは1才半でこうつうじこでなくなったので、それからまっちゃは1ぴきになってしまいました。
 まっちゃはちょっとかわったねこです。まず、キャットフードしか食べません。肉や魚をあげてもぜったいに食べません。もう一つは自分でドアを開けられることです。ドアのとってにジャンプしてしがみつき、足でドアをおして開けてしまいます。まっちゃはとてもかしこいねこだと思います。
 あとまっちゃのかわいいところは、毛がやわらかくて、いつもかわいらしい声でニャーニャー鳴くことです。そしてぼくのひざの上でねるのが好きです。
 まっちゃは家族の大切なねこです。これからも元気で長生きしてほしいです。 
【評】 家族にとって大切なまっちゃのことが、分かりやすく伝わるように組み立てて書けています。

《短歌》 秋の風景    アクトン 小4 
 秋花火 かがやくひとみに 写しつつ
  日本の夏を ふと思い出す
【評】 秋の情景が伝わってくるような短歌ですね。

《日記》 じゅぎょうさんかん    アクトン 小1
 きょうは、はじめてのじゅぎょうさんかんでした。せんしゅう、おかあさんにいわれたときに、
「こないで。」
と、わたしはいいました。
 でも、きゅうけいがおわって、せきにもどってまわりをみてみると、おかあさんがうしろにたっていて、すごくきんちょうしました。
 せんせいになまえをよばれると、わたしがはっぴょうするばんがきました。みんなのまえにたつと、はずかしすぎてもうすぐなきそうでした。
 もうぜったいやりたくないとおもいました。 
【評】 1週間前からのお母さんとのやりとりのことから、当日の授業参観のことが分かりやすく書けました。発表も上手にできていたので、そんなに嫌だったとは思いもよりませんでした。頑張っていましたよ。

BACK