こんぺいとう   平成27年度
《日記》 ぼくがつくった朝ごはん    クロイドン 小2 
 きょうは、ほしゅう校がなかったから、朝ごはんをつくりました。めだまやきとトーストと、トマトときゅうりとチーズの朝ごはんにしました。 さいしょにめだまやきを3つつくりました。めだまやきをやいているあいだに、きゅうりとトマトをきって、さらにのせました。めだまやきができたら、トーストをやいて、チーズをきりました。さいごにかたづけをしました。おいしい朝ごはんができました。
【評】 料理の段取りがいいですね。後片付けまでして完璧です。

《作文》 狂言「柿山伏」を学習して    アクトン 小6
 「柿山伏」の話の登場人物でぼくが自分自身と似ているな、と思ったのは山伏だ。なぜなら彼の言動や性格に似ているところがあるからだ。
 例えば、柿主が山伏のことを「あれはカラスだ。」と言ったが山伏は、「これは泣かない。」と言い、柿主に「ならば鉄砲でうつぞ。」と言われると「こかあ」と鳴き始めるという場面があるが、これは悪事をかくすためにうそをついてごまかそうとしていたものだ。
 ぼくの場合は、「宿題をやったよ。」と言って、お母さんに「見せて。」と言われたが、実はやっていなくて、あわててやったけれど、結局うそがばれてしまった。このように、うそをついて、そのうそをかくすためにまたうそをつくという所が似ていると感じた。
 さらに山伏は、柿を盗んだせいでこしを悪くしたのに、看病しろというのは自分勝手で、山伏のこういうところは、ぼくも多少似ていると思う。例えば、ぼくが先にボールを妹になげたのに、妹のなげ返したボールがあたって痛かったのを、妹のせいだと言ったときのようだ。
 この古典を読んで思ったのは、今も昔も、人は同じようなおろかな行動をしていて、そんなに変わらないということだ。
【評】 難しい古典の内容をきちんと理解し、現代の自分の生活と比べ、狂言のおもしろさを味わうことができました。

《日記》 にっき    ブレント 小1
 きょうは、おかいものをしました。
 てんきがよかったので、おうちのすぐまえのおみせではなく、スーパーまでいきました。スーパーまでおかあさんとならんで、じてんしゃをこいでいきました。
 スーパーで、バナナ、たまねぎ、バター、サラミ、サラダ、プチトマト、ヨーグルト、ダブルクリーム、アスパラガス、パン、シリアル、ミルク、はちみつ、たまご、ザクロと、いとこにプレゼントするチョコレートをかいました。
 おかあさんとじてんしゃにのってスーパーまでいくのは、たのしかったです。
【評】 1年生になってから、いろいろなことを書き表すことができるようになりましたね。カタカナのがんばりに感動しました。

《作文》 20年後の私    アクトン 日8 
 みなさん、こんにちは。私はこのスピーチで「20年後の私」について、みなさんにお話したいと思います。
 私は近い将来ニューヨークのアップル社でコーポレート弁護士として活躍したいと思います。
 イギリスの大学で法学を一生懸命勉強して、アップル社のコーポレート弁護士のインターンをへて、入社するのが私の夢です。
 小さいころから、弁護士にあこがれて勉強してきました。一流企業に入って、高収入でやりがいのある仕事をしたいからです。また、ニューヨークはロンドンよりテクノロジーの競争がはげしいし、エネルギッシュで世界のテクノロジーの中心だと思うので、将来働いてみたいと思っています。
 これからも、私の夢をかなえるためにがんばっていくつもりです。
【評】
夢を叶えるために、是非頑張って勉強を続けてくださいね。大変丁寧に書けました。

《作文》 発表会   ブレント    小4  
今日は、調べたことをみんなの前で発表する日でした。家で母の前で練習したのと学校でもリハーサルをしていたので、上手にできる自信がありました。
 でも、いざ本番の日になると声が出ないほどドキドキしました。しかも、私の順番が最後だったので、ドキドキする時間が一番長いし、聞いている人たちも聞きあきているかもしれないのでそんだと思いました。みんなの発表を聞いていたら、どれもがわたしの発表より上手に聞こえました。いつの間にか自分の番がまわってきました。たった1分の発表なのに、1時間ぐらいに感じました。やっと終わったらホッとしました
 この発表で、調べたことを人にわかりやすく伝えるためには、たくさんのじゅんびがいることがわかりました。大きくて見やすい絵をじゅんびしたり、内容をわかりやすくまとめたりしなければいけません。その上に発表の練習をしなければ、声の大きさやスピードによっては、発表のしつが下がります。今回の発表で、1分の発表にどれだけの時間とど力が必要かがわかりました。この経験をいかして、次の発表でもよく時間をかけてじゅんびしたいです。
【評】 上手に人に伝えるには、工夫が必要ですね。みんなよくがんばって素敵な発表会になりましたね。

BACK