こんぺいとう  平成27年度 
《作文》 お母さんのすごいところ   アクトン 旧小3 
 お母さんのすごいところは3つあります。1つ目は、りょう理です。お母さんのりょう理は世界一おいしいです。お母さんのりょう理がなかったら、わたしは悲しいです。2つ目は、ぬい物です。お母さんはぬい物がとても上手です。この前、わたしにかわいいバッグを作ってくれました。3つ目は、ガーデニングです。お母さんはガーデニングがとくいです。お母さんのさかせたきれいな花がなかったら、うちのドアの前がきれいでなくなります。
【評】 わたしは、お母さんがいなかったら、とても悲しいです。

《作文》 ぼくの20年後      アクトン 旧日7
 ぼくは、20年後にサッカープレーヤーになりたいです。なぜかと言うと、ぼくはスポーツが大好きでサッカーは、とくいですし、なにがあってもやめたいとおもったことがありません。
 ゴールがなかなかきめられないときでも、ほかのことだったらすぐにいやになってやめてしまうと思いますが、サッカーのばあいは、くやしくても、もっとがんばろうと思うことができます。
 こんなにすきなことをぼくのしごとにすることができたら、とてもしあわせだとおもいます。
【評】 「何があってもやめたいと思ったことがない」というところが○○くんの「なりたい」という強い気持ちをよく表しています。

《詩》 うちのねこ    ブレント 旧小3
うちのねこはね、お魚食べるの大すきなの。

うちのねこはね、すやすやねんねするすがたがかわいいの。

うちのねこはね、毛糸で遊ぶの楽しいの。

うちのねこはね、なでなでされるとうれしいの。

そんなうちのねこ、みんながとっても大すきなの。 
【評】 「うちのねこ」のことを語りかけるようにしたところがよいですね。また、「の」で終わるところもよいです。

《日記》 冬休みの絵日記    クロイドン 旧小1 
 1月1日は、みんなでパブにいきました。ぼくは、おとなのハンバーガーとアイスクリームをたべました。それから、カニザロガーデンにさんぽにいきました。バードケージの中には、日本のうずらというとりがいました。うずらのひなは、まるくてかわいかったです。あねと、ともだちと木に上がったり、たんけんしたりしました。
 みんなたのしかったです。
【評】 いろいろと楽しい事を経験できたお正月でしたね。

《俳句》 春の俳句     クロイドン 旧小4
 あたたかい 風かおにうけ 気がはずむ
       
 花がさく たんぽぽふいて そらにまう
【評】 どの俳句も暖かい春が感じられ、心まで温まりますね。

BACK