こんぺいとう   平成27年度
《作文》 日本と言えば「ほくほくのやきいも」    ブレント 小2 
 日本と言えば、ほくほくのやきいもです。わたしが小さいとき、いつもほいくえんのかえりみちにおかあさんがやきいもを買ってくれました。やきいもは、ほくほくで、あつくてすごくおいしいです。イギリスにはないから、すごくたべたいです。ロンドンには、アイスクリームバンがあります。それを見ると、やきいもだったらいいなと思います。わたしは、やきいもの上にバターをつけるのがすきです。
【評】 この季節になると、「ほくほくのやきいも」が食べたくなりますよね。

《作文》 指定語句を使った物語    ブレント 中1
 僕は秘密をもらった。もらった時は何も考えないで、思わず聞いてあげただけなのに。その人に貢献したかっただけなのに。精神力が乏しい僕は、なんで秘密をもらったのだろう。他人はみんな秘密を聞きたいのに。他人はみんないい気分なのに、なぜ秘密をもった僕だけが辛いのか。
 僕はどうするのか。殺人事件をかいま見たように、何も言わないか。他の人に秘密を渡すか。どうすればいいのだろう。言いあげたら他人の質問の連発の一連の地ごくが始まるだろう。そして、聞き飽きた人たちは、僕を冷たい目で見続けるだろう。それが、僕の仮説だ。でも、僕が丹精込めて秘密を育てるとしたら、すごく辛いだろう。他人に言いたいのに、言えない。秘密はなんてひどいものなんだろう。僕は、秘密を守れるかどうか分からない。その時が来るまで、少しがんばってみよう。そして、その時に決めよう。
【評】 決められた言葉を使って書く作文ですが、毎回、異なった世界の物語を表現豊かに書けています。毎回、ショートショートを読んでいるようで、楽しみです。

《詩》 日本     クロイドン 小3
 あつくて、つかれて、昨日とうちゃく。
 それでも楽しい日本です。

 ポタポタあせが出てきても
 それでも楽しい日本です。

 足、手、かまれて、ああかゆい。
 それでも楽しい日本です。
【評】 】「それでも楽しい日本です。」を繰り返して、リズムよく詩が作れましたね。

《日記》 夏休みの絵日記    クロイドン 小1 
 7月17日に、にほんにたいふうがきました。かぜがうるさくて、なかなかねられませんでした。
 おきたとき、いっぱいあめがふっていました。にほんのがっこうは、やすみになりました。たいふうがすぎたあと、すずしくなりました。
 たいふうは、きてほしくないです。
【評】 日本で台風を体験をして、達圭くんがドキドキしている様子が、とてもよく伝わってきました。イギリスには台風は来ませんから安心してください。

《作文》 なぞなぞ作文・わたしは、なぁに?   アクトン 小3 
 わたしは毎週ランドセルの中に入って、ほ習校に行きます。でも学校に行くのはきらいです。なぜかというと、学校に行くと、ごしごし頭をひっかかれて頭がいたくなるからです。
 それから学校から家に帰るのもきらいです。なぜかというと、家でもやっぱりごりごりやられて頭がいたくなるからです。
 でも、わたしがたくさん使われれば使われるほど、わたしのご主人のみほちゃんはたくさんのことが学べるから、いたくてもしかたないですね。
 さあ、わたしは何でしょう?
【評】 消しゴムの気持ちになって、おもしろいなぞなぞ作文を作りました。学校でも家でも、やさしい消しゴムに助けられれば、勉強を頑張れますね。

《説明文》 おかあさんのかめろんぱん    アクトン 小1
 おかあさんのかめろんぱんのことをしらせます。
 かぞくみんなが大すきなところは、こうらです。こうらは、クッキーのきじでさくさくです。こうらがふっくらするかどきどきします。
 小さくてあまいめは、チョコレートです。
 あたまは、つけるのがたいへんです。
 パンのしっぽは、ないです。
 あしとあたまのパンは、ふわふわです。
【評】 】「すきなおやつ」という課題で、授業中に一人で書きました。特徴を具体的に書いて、詳しく説明できています。

BACK