こんぺいとう   
《詩》 森の中の子どもたち    フィンチリー 旧小3 
森の中の子どもたち
だあれも知らない子どもたち
みんなと一しょに遊んだり
走りまわる子どもたち
 
森の中の子どもたち
すがたをかくす子どもたち
りすやうさぎと遊んだり
お花を植える子どもたち
 
森の中の子どもたち
しずかなしずかな子どもたち
みんなで木のぼり遊んだり
小さくしゃがむ子どもたち

森の中の子どもたち
はずかしがり屋の子どもたち
今日もそうっと遊んでる
ずうっとひみつにしておこう
【評】 「森の中の子どもたち」を毎連ごとに入れ、読んでいくうちに森の中の子どもたちが遊んでいる様子が目に浮かぶようです。

《日記》 ふゆ休みの日記 クロイドン 旧小1
 かぞくとおしばいを見にいきました。イギリス人のキャプテンスコットという人がノルウェー人のアムンセンという人と、なんきょくへどちらがさきにつくかきょうそうするおはなしでした。ほんとうは、キャプテンスコットのチームがぜんいん死んでしまうかなしいおはなしだけど、このおしばいはすごくおもしろくつくってありました。ぼくとおとうさんはおなかがいたくなるくらいわらいました。
 ぼくは、またこういうおもしろいコメディーというしゅるいのおしばいを見にいきたいです。
【評】 どれだけこのおしばいが楽しいものだったのかよく伝わってきました。

《作文》 7年まえのぼ く    アクトン 旧小1
 ぼくは、2007年9月7日にフレムリーびょういんで生まれました。たいじゅうは、3390グラムでした。目は青いろで、かみは金ぱつでした。おかあさんは、おさるさんみたいだな、とおもったそうです。
 ぼくは、1年6か月おっぱいやこなミルクをのんでいたそうです。おかゆ、なっとう、やさい、くだものなどのりにゅうしょくも、たべたそうです。よくたべて、よくねる、だっこがすきな男の子でした。10か月のとき、はじめてあるきました。
 おかあさんは、
「ともは、わたしたちのたからものだよ。」
といってくれました。たからものといわれて、とてもうれしかったです。 
【評】 お父さん、お母さんが大切に育ててくれたことがよく分かる作文が書けました。そのことを忘れないで、家族を大切にしてくださいね。

《評論文》 日本文化について    旧日本語科6  
 日本文化について勉強している人が世界中にたくさんいる理由は、日本文化は西洋文化と大変違っているからです。最近は、ビデオゲームをする人や、テレビで日本のアニメを見る人がたくさんいます。それぞれの国の言葉でゲームを楽しんだり、テレビを見たりしているので、これらが日本で作られたものだということを知らない人もいるかもしれません。
 しかし、これらが日本で作られたものだと知ると、こんなすばらしいものをつくる日本に興味を持つ人も出てきます。そして、日本のほかの文化について調べると、西洋文化と違った日本文化にひかれる人も多いと思います。
 私の友達は、アニメが大好きです。みんな、アニメに出てくる日本の事をもっと知りたいので、私に日本語をおしえて、とたのんできます。ですから、私の友達のように、最近は日本の事をもっとふかく知るようになった人が多いのだ、と思います。
【評】 色々な観点から日本文化を考察して、とても丁寧に書くことができました。
BACK