こんぺいとう   
《感想文》 てい国せんそうはく物かん    アクトン 日6 
 今日、てい国せんそうはく物かんへ、れきしを勉強しに行きました。8時50分に学校にあつまって、ちかてつで行きました。10時半にはく物かんにつきました。だい一次世界大戦のてんじを見て、先生が作ってくれたワークシートを使って勉強しました。昼ごはんを食べた後、ガイドのせつめいを聞きました。つぎに、だい二次世界大戦のてんじを見ました。そして、さいごにギフトショップに行きました。技術が進歩して、かくへいきや、ばくだんや、ぶきなども進歩しました。せんそうを始めると、どんどん大きくなって、悪いことがおこってしまうかもしれません。
 せんそうは、しないほうがいいと思いました。
【評】 】博物館で戦争についてたくさん勉強しましたね。自分の意見もよくまとめて、丁寧に書けました。

《日記》 えにっき     アクトン 小1
 きのう、ウエストフィールドにかぞくでいきました。そこでさいしょに、ちょっとだけおとうさんのズボンを見ました。そして、よるごはんをたべました。またおとうさんのズボンをかおうとしたのに、さいしょのみせでは、おかあさんのズボンをかいました。ズボンのことはあきらめて、くつやにいくことにしました。
 なんとそこでかったのは、おとうさんのではなくぼくでした。あたらしい、はじめてのひもぐつをかってもらいました。うれしいよるでした。でも、おとうさんはざんねんそうでした。
【評】 お父さんは好きな物が見つからなかったけれど、○○さんとお母さんは嬉しい一日でしたね。上手に書けました。

《作文》 ぼくの楽しいおきなわ旅行    クロイドン 小4
 夏休みにおきなわに行きました。思っていた以上に楽しい旅でした。
 ぼくと母と姉と祖父と祖母は、まず鹿児島空港から飛行機に乗って、なは空港に行きました。そこからレンタカーで今帰仁(なきじん)にあるホテルに向かいました。着いてすぐにホテルのプールで泳ぎました。イギリスのプールとちがって水はあたたかくて泳ぎやすかったので、ぼくは3時間近く水の中で遊んでいました。
 2日目は、美ら海(ちゅらうみ)水族館に行きました。すごく広い水族館で、巨大な水そうの中にはジンベイザメやエイ、イルカのほかにも、いろいろな魚がたくさんいました。それから、水そうの中にはダイバーが3人、魚たちと一緒にいたので、ぼくはびっくりしました。ホテルに帰って、またプールで遊びました。
 3日目は、今帰仁城(なきじんじょう)という所に行きました。そこでは古い時代のいろいろなことがわかりました。そのあと、南車部にある知念(ちねん)の民宿まで車で行きました。民宿の近くにあるサンサンビーチで遊びました。母が投げたビーチボールが波に流されてどんどん遠くにいってしまい、母が泳いで追いかけたけどボールの方が早くて追いつけませんでした。ぼくは、
「ボールがイギリスまで流されたらおもしろいなあ…」
と、思いました。
 その次の日は、小さな船に15分のって、コマカ島という小さな島に行きました。ぼくは、生まれて初めてシュノーケルをやりました。海の中にはいろんな色や大きさの魚たちがいてとてもきれいです。ずっと海の中にいたいと思いました。おべんとうは、スパムのおにぎり、からあげとみかんでした。おなかがすいていたので、すごくおいしかったです。ぼくたちは日にやけて、いい色になりました。
 最後の日はレンタカーを返した後、空港からモノレールで国際通りという所まで行きました。そこにはお店がいっぱいあって、とてもおもしろかったです。最後に入ったお店で、この旅行の記念に祖母からサメのついた野球ぼうと、ガラスでできたジンベイザメを買ってもらいました。とてもうれしかったです。
 楽しい旅行でした。父も来られたらよかったなあと、少し残念に思いました。いつか父と一緒におきなわに行きたいです。
【評】 「ずっと海の中にいたい」と思うくらい沖縄の海は魅力が一杯ですね。沖縄に行ったことのない人も行ってみたくなるのではないでしょうか。

《作文》 漢字を使った文    フィンチリー 小1 
 きょうは月がきれい。おさるととりは木の上で、グーグーとねている。くまさんはつちの上でねているし、モグラはつちのなかでねている。だから、しずかにして。でも、フクロウは、しずかにしなくていいよ。よるのおしごとがあるからね。
 ほしは、まだまだかがやいている。
【評】 静かな夜の森の動物たちの様子が、とてもよく伝わってきます。

BACK