こんぺいとう  平成25年度 
《作文》  うんどうかい   小1
 うんどうかいでかけっこをやりました。ぼくはいちいになりました。○○○おにいちゃんが、あさがっこうへいくまえに、はやいはしりかたをおしえてくれました。そのとおりにやってよかったです。おにいちゃん、ありがとう。
 それと、ママが○ぐみのみんなのヘルパーでした。ぼくは、うれしかったです。ママありがとう。

【評】 ○○さん、かけっこで一位になってよかったですね。

《作文》  運動会の感想   小5
 今年の運動会は、すずしくていい天気だった。わたしは赤組で、5年生のき馬戦とつな引きに出た。わたしは、ずっとき馬戦には出たくなかった。その理由は、上に乗る人は相手と戦うためヘルメットにつけた風船をわらなければならない。自分もわられたくないし、頭をたたかれるようでこわいし、落ちてもいやだからだ。下の人は、上の人をささえなければならない。手を組んでささえる時、手がいたくなりそうだし、上の人が落ちないようにしなければいけないし、しっかり集中して戦えるようにしなければならない。それも責任があるからいやだった。係の人に上に乗るようにすすめられたが、
「下がいい。」
と答えたら、
「上に乗ったらいいのに。」
と言われた。上は、わたしより大きい○○○ちゃんが乗った。○○○ちゃんは、
「上に乗って戦いたい。」
と言っていた。わたしは、「こわくないのかな。すごいな。」
と感心した。
 気が付くとわたしたちは、相手の白組の女の子たちを追いかけ、風船をいくつかわり、最後まで残っていた。○○○ちゃんの風船とヘルメットは、落ちそうになりながらも、頭の上に残っていた。わたしたち4人のチームワークで残れたと思う。
 結果、わたしたち赤組が勝った。ふり返ってみると、き馬戦は、とても楽しく、夢中で走り追いかけ、戦っていた。勝った後のどらやきは、とてもおいしかった。

【評】 戦っているときの必死な様子と戦い終わってうれしかった気持ちがよく表せましたね。

《作文》  うん動会   小3
 今年の運動会は、すごくせつなかったです。なぜなら、白組が赤組に159点差でまけてしまったからです。白組のわたしは、とてもかなしかったです。
 白組は、はじめからおされていました。わたしたち3年生は、しょうがい物きょう走と玉入れをしました。「2つともかって、ぎゃくてんするぞ。」と思っていましたが、りょう方ともまけてしまい、白組ぜんいんにもうしわけないと思いました。
 今年はまけてしまいましたが、次のうん動会はもっとがんばろうと気をとりなおしました。

 
【評】 たくさんの表現方法を使って、気持ちを表現できました。

《作文》 うんどう会   小2
 きょう、うんどう会がありました。うんどう会がはじまると、わたしのしんぞうがドクドクドクドクといっているのが分かりました。なぜかというと、1年生のころみたいにときょうそうをすると思っていたからです。するとお母さんが
「2年生は、きっとときょうそうはないと思うよ。」
と、わたしに教えてくれたので、ほっとしました。
 わたしたちのでばんになりました。ハリケーンは、4人でぼうをもってはしり、くるくる回るきょうぎです。みんなががんばってはしるので、ぼうをつかめなくなりそうでした。わたしは、ぼうがはなれないようにちゃんとぎゅっともつのがむずかしかったです。みんながぼうをもって、くるくる回っている間、わたしははらはらしました。ハリケーンがおわると、
「赤組のかち。」
というこえが聞こえました。わたしは赤組がまけたかと思ったので、びっくりしました。みんなと力をあわせハリケーンでかつことができて、とてもうれしかったです。

【評】 運動会が始まる前の気持ちやハリケーンをしたときの様子が、とても詳しく分かりやすく書けました。みんなで力を合わせて、楽しい運動会ができましたね。

《作文》 運動会   小4
 7月21日は、ほ習校の1学期最後の日で、運動会が行われました。ぼくのクラス4年D組は、白組でした。
 1時間目が終わった後、みんなフィールドに行きました。フィールドに行った後、ラジオ体操をやりました。
 1年生のときょう走が終わると、次はいよいよぼくたち、4年生の大玉転がしです。男女がペアになって転がします。ぼくたちのペアの順番は、4番目でした。3番目の2人が戻ってきて大玉を渡されたしゅん間、いきおいよく転がってきた大玉の重みを感じながら、ペアの女の子といっしょに足をふんばって大玉を受け、すぐに転がし始めました。折り返し地点のポールを回った後、赤組をぬかしたことに気付き、もっとリードできるようにむがむ中で転がしていました。その時、アナウンスの人が
「大玉の後ろから転がしてください。」
とさけんで注意をしていたのをおぼえています。転がし終えて、次のペアに大玉を渡し列の後ろにならんだ時、知らない間に手が汗でベトベトになっていました。
 3年生の玉入れが終わった後、4年・5年・6年・中学生のつな引きが行われました。これも残念ながら2対1でぼくたち白組は負けてしまいました。
 全体では、989対860で負けてしまいましたが、最後に配られたどらやきを食べたとたん、おいしくて負けたくやしさをすっかり忘れていました。
 お天気もちょうどよく、気持ちのよい一日でした。

【評】 白組は残念ながら負けてしまいましたが、とても楽しい一日でしたね。よくがんばりました。 

《作文》 うんどうかい   小2
 ほしゅう校のうんどう会で、わたしは2年生のハリケーン・リレーをしました。
 ハリケーンは、4人一組でながいぼうをもって、よこ一れつにならんではしります。ターンをするとき、ぼうがいきおいよくグルグル回るからハリケーンといいます。
 わたしのばんがくるのをまっているとき、むねがドキドキしました。わたしたちのばんになり、
「ようい、ドン。」
と、ふえがなりました。4人は、おなじときにはしりだしました。みんないきがそろっていたから、白組よりもはやかったです。
 わたしは、一ばんじくのほうで、みんなのようすがみえて、こわかったです。どうしてかというと、外がわの○○くんがちょっとはやくて、ぼうにふり回されていたからです。
 ターンがおわって、ぼうをつかんでいっしょうけんめいはしって気がつくと、3人だけでした。うしろを見ると、○○くんがころんで、あとからおいかけてきました。
 たのしいうんどう会でした。

【評】 ハリケーンの説明、自分の番が来るまでの気持ち、走っているときの様子を詳しく書くことができました。

《作文》 運動会を終えて   小6
 私は、今回の運動会をとても楽しみにしていました。現地校の運動会は、準備体操も無ければ、初めの言葉も無く、校長先生の一言も無い、勝ってもトロフィーや旗などもありませんでした。そんな何もかもが「無い」運動会ではなく、ちゃんとした日本のような運動会がしたかったし、恋しかったからです。
 最初、6年生のやる競技が2つしかなくて、不安に思っていましたが、意外と、2つといっても4、5個、競技をした感じがありました。周りの人たちも、静かに競技を見ているのだと思ったら、すごくもり上がっていて楽しかったです。
 小学校最後に、もり上がりのある運動会に参加することができて、忘れられない思い出になりました。

【評】 ○○○さんにとって初めての補習校運動会を現地校と上手に比較して表現しましたね。ラケットリレーと綱引きで満足した様子がよく伝わってきます。

《作文》 うんどうかい   小1
 ぼくは、うんどうかいではしろぐみでした。
 ぼくは、かけっこをがんばったけれども、よんいになってしまいました。いっしょにはしったあかぐみのさんにんとも、ぼくよりあしがはやかったです。らいねんはいちいになれるように、おとうさんとこうえんでたくさんれんしゅうします。たまいれもまけてしまいました。
 しろぐみが、ひゃくごじゅうきゅうてんさでまけて、すごくくやしかったです。おうちですっごくなきました。

【評】 運動会について、一生懸命書いてくれました。悔しい気持ちがとてもよく伝わってきます。

《作文》 うん動会   小3
 今年のうん動会は、しょうがい物きょうそうをしました。でも、わたしは耳がいたくて、速く走れなくて4位でした。
 わたしが一番すきだったところは、玉入れです。がんばってたくさんなげました。5こは入ったと思います。
 そして、今年は赤組がかちました。白組が負けてさびしかったです。来年は、どちらの組になっても、がんばりたいと思います。

【評】 運動会で何と何に出て、どうだったか、しっかりと書けています。そして、最後の段落がとてもよくかけています。

《作文》 7月20日(運動会)   小4
 今日は待ちに待った運動会でした。今年は、僕は赤組でした。ぼくは3年間続けて負けていたので、今年はぜったい勝ちたいと思っていました。
 4年生の最初のきょうぎは、大玉転がしでした。大玉は思ったより大きかったです。でも、転がすのはとてもかん単でした。最初は、赤組がリードしていましたが、と中で白組に追いつかれてしまいました。けれど、みんながんばってばんかいしました。その後の2年生のハリケーンは、どちらが勝つのか最後まで分からないレースでした。赤組のアンカーが追い上げて勝利は赤組でした。5年生のき馬戦は、赤組がゆうゆうと勝ちました。その後、どのきょうぎも赤組ががんばってリードしていました。
 そして、とうとう最後のつな引きの番になりました。点数の差は70点だったけど、つな引きで負けるとばんかいされてしまうので心配していました。第1回戦は、あっという間に白組の方へと引きずられました。手がとてもいたかったです。2回戦は、ぜったいに勝たなければなりませんでした。場所を交代する間もどきどきしていました。2回戦は、先生やお母さんやお父さんのおうえんの声に合わせて
「よいしょ。よいしょ。」
とかけ声をかけました。2回戦もきびしかったけれど、なんとか赤組が勝ちました。3回戦は、一番長く続きました。今回も赤組が白組をコーンの近くに引きよせてきました。ぼくは「もう一息だ。」と思い、一生けん命にがんばりました。最後に白組の人たちがコーンにさしかかり、赤組がつな引きに勝ちました。
 結果発表の時間になりました。結果は、赤組が勝ちました。ぼくは、とてもうれしかったです。来年も勝ちたいです。

【評】 競技の一瞬一瞬を慎重に見守っていたことが、よく分かります。初勝利、おめでとう。



BACK