こんぺいとう  平成25年度 
《作文》 たのしかったうんどうかい  小1 
 たまいれが、一ばんたのしかったです。わたしのパートナーは□□さんでした。
 あかがかったときに、ほんとうにうれしくて
「イエィ。」
と、いいました。うしろにいたおかあさんが
「よくやったね。」
と、いってくれました。
 きょうしつにかえったときに、みんなえんぴつをもらいました。
【評】 「イエィ。」と言って嬉しそうだった〇〇さんの顔を、思い出しました。お母さんの言葉も、嬉しかったですね。

《作文》 うんどうかい  小1
 はじまるまえに、おかあさんたちがはちまきをつけるのをてつだってくれました。はじめてのはちまきは、耳がいたくなりました。
 大だまころがしは、□□ちゃんとくみました。じゅんばんをまっているときは、わくわくしました。はやく、はやくとおもいながらころがしました。二ばんになりたくて、おうえんしました。三ばんになって、がっかりしました。
 つなひきは、ロープがかたくてひっぱるのがたいへんでした。
 たまいれは、さいしょ一つずつ、そのあとはたくさん手にもって、たかくなげました。
 さいごにあかぐみがかったので、
「おめでとう。」
と、いいました。
【評】 白組が負けてしまったけど、一生懸命頑張ったので良い思い出になりましたね。

《作文》 力もち  小1
 うんどうかいで一ばんたのしかったのは、つなひきです。カレーをたべたときのように、目から火がでるくらいがんばりました。
 赤ぐみは、二かいまけて二かいどうてんでした。ぼくは、はんぶんうれしくて、はんぶんくやしかったです。つなひきは力をいっぱいつかい、力もちになれるので、すきです。 
【評】 綱引きで、力いっぱい頑張っている様子がよく分かります。 同点のときの気持ちは複雑ですね。

《作文》 まけた  小1 
 わたしは、大だまころがしをかなえちゃんといっしょにやりました。三かくぼうしをまわるときに、大だまがまっすぐいきそうになってたいへんでした。
 たまいれのほうが、わたしはすきでした。どうしてかというと、ふくろに九十よりもっとたまがはいっていたからです。でも、まけました。よわすぎるとおもいました。
【評】 白組は負けたけれども、みんなが一生懸命頑張りました。良い運動会でした。

《作文》 はじめてのうんどうかい  小1
 きのうは、はじめてのうんどうかいでした。ぼくは、しろぐみでした。
 うんどうかいでは、大だまころがし、つなひき、たまいれをしました。ぼくは、大だまころがしが一ばんたのしかったです。どうしてかというと、一ねんBぐみは、二いだったからです。みんなで、
「しろ、しろ。」
と、一しょうけんめいおうえんしました。
 あかぐみが、かちました。でも、しろぐみもがんばりました。
【評】 みんな、一生懸命頑張りました。白組は負けたけれど、みんなで力を合わせた運動会は、楽しい思い出ですね。

《作文》 いっしょにがんばったよ  小1 
 「よーい、どん。」
 ぼくは、□□くんといっしょにスタートしました。まっすぐころがすのはとてもむずかしかったけれど、ころばないようにきをつけて、いっとうしょうでゴールできました。
 みんなでおうえんして、Dぐみがかちました。たくさんジャンプして、
「やったあ。」
と、いいました。
【評】 友達と一生懸命に大玉を転がした喜びを、生き生きと書くことができました。

《作文》 だいせいかいのそうだん  小1 
 ぼくが一ばんたのしかったのは、大玉ころがしです。□□くんと二人で、さいしょとさいごの二かい、はしりました。
 ぼくたちは、どうしたらはやくはしれるか、そうだんしました。一つの手は、上からボールをころがします。もう一つの手は、ころがるボールをサポートします。これで、まっすぐすすみやすくなります。
 一ねんDぐみが、一ばんになりました。
【評】 友達と力を合わせて頑張った喜びが、伝わってきます。

《作文》 アクトンタイム  小1 
 きょう、うんどうかいがありました。おとうさん、おかあさんとおにいちゃんがみにきました。わたしはしろぐみでした。
 つなひきが一ばんすきでした。どうしてかというと、ほんきがだせたからです。もしもどっちかがまけたら、そのひとがさびしくなります。どうてんだったので、すきでした。みんながうれしかったので、たのしかったです。
 あと、はちまきをつけました。まけちゃったけど、はじめてだったのですごくたのしかったです。
【評】 楽しい思い出になって、良かったですね。

《作文》 うんどうかい  小1 
 きょうは、うんどうかいの日でした。わたしのクラスはあかぐみなので、あかいシャツとあかいはちまきをつけました。
 たくさんの人がみにきていて、わたしたちをおうえんしてくれました。
 大だまころがしは一ばんになり、さいごはあかぐみがかちました。とてもたのしかったです。
【評】 最後まで頑張って、一番になりましたね。

《作文》 はじめてのうんどうかい  小1 
 まえのひから、うんどうかいがたのしみでした。
 ぼくが一ばんすきだったのは、つなひきでした。ひとりじゃなくて、みんなでちからをあわせるからです。
 さいごにあかぐみがかって、うれしかったです。ともだちとだきあって、
「やったあ。」
と、ジャンプしました。
【評】 みんなで力を合わせて頑張ったので、楽しかったですね。

《作文》 うんどう会  小2
十月十二日は、ずっとたのしみにしていたうんどう会でした。わたしのクラスは、赤組でした。
 大玉ころがしとつなひきと玉入れをしました。一ばんたのしかったのは、玉入れでした。どうしてかというと、わたしがなげた玉がたくさんかごに入ったからです。そして、おとうさんやおかあさんたちが玉入れしているのを、
「あか、あか、あか。」
と、おうえんするのもたのしかったからです。
 今年は、赤組がかちました。すごくうれしかったです。来年は三年生だから、もううんどうかいはありません。さみしいです。
【評】 投げた玉がかごに入ると、嬉しいですね。〇〇さんは、大活躍したのですね。応援にも熱が入って、楽しい運動会でした。

《作文》 はじめてがいっぱい  日1
 ぼくは、あさはちまきをしました。うんどうかいです。みんなが、たいいくかんにあつまりました。大だまころがしは、はやくできました。つなひきは、しろぐみが二かいかちました。さいごのたまいれは、いっぱいたまをなげました。けれど、しろぐみはまけました。まほうをつかってかちたかったです。
 らいねんは、かちたいです。
【評】 勝っても負けても、一生懸命でした。「まほうをつかってもかちたかった」という気持ちが、よく分かりましたよ。

《作文》 つなひきでとんだ  日1
 きょうは、うんどうかいでつなひきをしました。
 よいしょ、よいしょとひっぱりました。そうしたら、わたしのあしがちゅうにうきました。そらをとんだみたいなきがしました。
 しろぐみが、二かいかって、うれしかったです。
【評】 綱引きで、足が宙に浮いたなんてびっくり。楽しい作文です。

《作文》 かちたかった  小2
 十月十二日に、ほしゅう校でうんどう会がありました。わたしは、えい語のテストもあったので、みんなよりすこし早く帰りました。
 うんどう会で一ばんたのしかったのは、つなひきです。白組が、三回もかったからです。
 一年生の大玉ころがしを見ていたら、
「やっぱり二年生の方がじょうずだなあ。」
と、思いました。
 玉入れはまけました。わたしたちのときは、赤組が白組より十こぐらい玉がたくさん入っていました。どうやったら上手に入るのか、ぜんぜん分かりません。となりにいたお友だちが、
「赤組、すごいね。」
と、しずかに言いました。
「本当だなあ。」
と思ったけれど、だれにも言いませんでした。
 つぎのうんどう会では、ぜったいまけたくないけれど、ほしゅう校のうんどう会は二年生でおわりなので、とてもざんねんです。
【評】 題名から、負けて悔しい気持ちがひしひしと伝わってきます。

《作文》 たのしかったうんどう会  小2
 二年C組は赤組です。みんなとならんでたいいくかんに入りました。
 校ちょう先生が、
「けがをしないように、うんどう会をしま しょう。」
と言って、ラジオ体そうをしました。
 さいしょに大玉ころがしをしました。二年C組は二ばんめでした。コーンを回るときは、ななめよこから玉をおします。
 大玉ころがしのあとに、つなひきをしました。つなは太くてゴツゴツしているから、手がいたくなりました。赤組は一回めはまけて、ばしょをこうかんしました。そして、二回めもまけました。赤組はいたいのをがまんできなくて、白組はがまんできたからかったと思いました。 
 さいごに、玉入れをしました。小さなボールがふくろに入っていて、形はソーセージににています。ネットをねらって玉をなげます。そして、ネットに入った玉をみんなで数えました。そして、おとうさんとおかあさんも玉入れをしました。ぼくたちよりじょうずだな、と思いました。
 すごくたのしかったです。らいねんはできないから、ざんねんです。
【評】 〇〇君らしく表現を工夫して、上手にまとめました。

《作文》 うんどうかい  日2
 きょうは、うんどうかいでした。
 こ年も白ぐみでした。本とうは赤がすきなので、赤ぐみになりたかったです。
 つなひきでは、ぼくは一ばんうしろと一ばんまえで、いっしょうけんめいひっぱりました。かててうれしかったです。
 さいごに玉入れでまけてしまいました。
 これで、さいごのうんどうかいです。またらい年もやりたいとおもいました。
【評】 最後の運動会、一生懸命頑張って楽しい思い出ができました。

BACK