こんぺいとう  平成25年度 
《日記》 十二がつ三十にち  フィンチリー 小1 
きょうは、サンタからもらったレゴニンジャゴであそびました。さいしょにパーツをかくにんしました。ぜんぶありました。ぼくとおねえちゃんでつくりました。 金のロボットをつくるのは、むきがわからなくてむずかしかったです。そのあとぼくは、ロボットと人のしゃしんをとりました。うれしかったけど、六じにいもうとがロボットをこわして、かなしくなってしまいました。
【評】 自分の気持ちを入れながら、一生懸命遊んだ様子がよく書けました。

《作文》 ぼくのサッカー  アクトン 小2
ぼくは、日本にいたときはサッカーがすごくへたで、リフティングが二回しかできませんでした。ぼくは、もっとうまくなりたいと思いました。ぼくのこの気もちが、サッカーが上手くなるだい一歩でした。
 イギリスにきて、たくとという親友に出会うことができました。たくとはサッカーがすごくうまかったです。でも、ぼくはまけません。なぜなら、ライバルになったからです。QPRのサマーキャンプに行って、たくととぼくはサッカーのレベルが同じになったようです。しかも、ゴールキーパーにきょうみをもちました。
 これからもいっぱいれんしゅうして、どんどん上手くなりたいです。
【評】 目標を持つことで、大きな第一歩を踏み出したのですね。素晴らしいライバルのたくと君と一緒に、これからも頑張ってください。

《日記》 おしるこ  クロイドン 小1
 きょうは、あんこをつくるお手つだいをしました。お正月のおもちにつけるためのあんこです。
 はじめにあずきをざるにいれてあらいました。あずきは小さくてかたくて、びっくりしました。あとは、おなべのあずきをまぜるお手つだいをしました。このときあずきは、ふくらんでやわらかくなっていました。あずきをまぜていると、だんだんどろどろになっておもしろかったです。きょうはできたてをおしるこにしてたべました。おもちがはいってなかったけど、あったかくてあまくておいしかったです。 そのあと、さめたあんこは、すこし、かたくなっていました。いつもたべているあんこになりました。 
【評】 あんこの作り方が分かりましたね。小豆が煮立っているうちにどんどん変わっていく様子が、よく書けました。

《感想文》 「三つのお願い」を読んで  アクトン 小4 
 ぼくはこの話を読んで、早くノービィとビクターのようにけんかも出来る友達がほしいな、とうらやましくなりました。なぜなら、ぼくはドイツからこの夏に引っ越して来たばかりで、まだけんかが出来る友達がいないからです。
 けんかをするということは、それぞれが言いたいことを言っているというしょうこでもあると、ぼくは思うからです。それに、仲直りした後は、相手のことをもっと深く知ることが出来るのではないでしょうか。
 ぼくはそもそも、それほどけんかをするタイプではありませんが、それでも何回かけんかをしたことがあります。大事な仲間だから、仲直りもしたいと思うのです。ノービィがビクターに、すぐにもどって来てほしいと願ったように。
 物語では、最後にどうなったかは書かれていないけれど、きっと二人は今までよりもおたがいのことを思いやることの出来る、良い親友に戻れたにちがいないと思います。
【評】 けんかをしても、許し合って友情を深めていける友達がきっとできると思います。

《感想文》 「千年の釘にいどむ」を読んで  フィンチリー 小5 
 ぼくは、白鷹さんのいう「職人の意地」とは、何だろうと思いました。白鷹さんは、とても一生けんめい働いた人です。もっともっといい釘をめざして、ずっと作り続けている人です。一万本よりも、もっと多くの釘を作りました。そしてもっとすごいことは、今でもまだまだ釘を作り続けていることです。白鷹さんは、
「千年先の人に、おう、こいつはすごい人だ、と思われたい。」
と言いました。さらに、
「千年先の人に千年前の職人は下手だったなと思われることはいやだ。笑われるのはもっといやだ。」
とも言いました。ぼくは、白鷹さんの釘作りが下手と思う人は、まちがえていると思います。ちゃんと白鷹さんを見ていないと思います。白鷹さんのすごいところは、あきらめない、満足しない、少しでもいいものを作ろうとするところです。これが「職人の意地」なのかなと思いました。
 ぼくのお父さんは、トランペットそうしゃです。白鷹さんとは、まったく違うことをしています。けれども、共通することは、毎日釘を作ることと毎日練習すること、少しでもよいものを作ろうと努力することと少しでもいい音を出して喜ばせることです。
 ぼくは、白鷹さんやお父さんみたいな仕事につきたいと思います。なぜかというと、ぼくは物を作ることや、歌やトランペットも好きだし、いつも上手になりたいと思っているからです。そして、もっと上手になって白鷹さんのようにたくさんの人にほめられたいと思います。
【評】 「職人の意地」について、自分の考えをまとめられましたね。また、白鷹さんの仕事とお父さんの仕事を比較して考えることができました。大人になったジェームズ君に会ってみたいです。


BACK