こんぺいとう  平成25年度 
《作文》 わたしのたからもの  クロイドン 小1 
 わたしのたからものは、かぴばらです。わたしがちいさいとき、ままがにほんでかってくれました。
 かぴばらはちゃいろです。かぴばらはノートより大きいです。
 すきなところはみみのところです。いつも、わたしのはなしをきいています。
 かぴばらといっしょにいつもねています。これからもいっしょにいたいです。
【評】 カピバラは小さいときから○○ちゃんと仲良しなのですね。これからも大切にしてあげてください。

《作文》 ぼくのゆめ  日本語科6
 ぼくのゆめは、サッカー選手になることです。
 なぜサッカー選手になりたいかというと、ぼくはサッカーが大好きだからです。ぼくはゴールキーパーなので、毎週金曜日にトウィッケナム・スタジアムでボールをとるれんしゅうをしています。どろどろになるし、いたいときもあるけれど、ボールをあくまの頭だと思って、ゴールにけられたボールをつかんだらはなさないように、いっしょうけんめいとります。とてもスピードがはやくて強いボールをとらえたときほど、うれしくかんじます。
 ぼくは、ゴールキーパーであることをほこりに思います。プロの選手になって、たくさんのし合に出て活やくしたいです。
【評】 日頃の練習が、○○君の夢に一歩ずつ近づいてゆくのだと思います。これからも頑張ってくださいね。

《感想文》 「ちきゅうのためにできる十のこと」をよんで  フィンチリー 小1
 このほんは、なにをしたらちきゅうのためになるかが、わかりやすくかいてありました。
 じぶんがいつもやってることがなんこもあり、わたしもちきゅうのためになることをしていたのがわかって、うれしいきもちになりました。 
【評】 毎日の生活の中で、地球に役に立つことってたくさんありますよね。これからも、がんばってくださいね。

《作文》 うれしかったじゅぎょうさんかん  アクトン 小2 
 今日は、じゅぎょうさんかんの日でした。ちょっと、どきどきしていました。みんなのおかあさんが、きていました。
 先生がみんなに、小さな紙をくれました。わたしの紙には、「バケツ」と書いてありました。先生が、
「みんな、カードにことばが書いてありますよね。そのことばで文を作って、はっぴょうします。」
と、言いました。わたしは、
「お店で、赤いバケツを買う。」
と、はっぴょうしました。
 おかあさんが、
「じょうずにはっぴょうができたね。」
と、言ってくれました。クリスマスプレゼントをあけるときとおなじくらい、うれしかったです。とってもうれしかったので、もっとべんきょうをしてがんばりたいです。来年は、おとうさんにも見に来てもらいたいです。
【評】 先生も、たくさんの保護者の方がいらしたので、とてもどきどきしていました。○○さんは落ち着いて、きちんと発表して偉かったですよ。

《作文》 わたしのたからもの  クロイドン 小1 
 わたしのたからものは、くつです。なつやすみに、マークス&スペンサーでおかあさんがかってくれました。二十センチくらいです。ピンクできらきらと、しろいいろもあります。
 きらきらで、りぼんのところがかわいいからすきです。はやくはしれて、はきやすいです。
【評】 ○○さんの宝物のことが、とてもよく分かりました。とてもかわいくて走りやすいくつを買ってもらって、よかったですね。

《作文》 ぎ足のこと  フィンチリー 小4 
 わたしは、ぎ足のことを調べることにしました。パラリンピックを見て、気になったからです。インターネットのウィキペディアのサイトで調べました。
 ぎ手やぎ足は、事こや病気、戦争などでせつだんした手や足のかわりにつける物で、そのれきしは古く、紀元前から、手足をなくした人のために作られていた、と言われています。
 世界でもっとも古いぎしは、紀元前九五〇から七一〇年にエジプトで使われていた、木でできたものです。昔、ぎ手やぎ足は、木や鉄でできていましたが、今はゴムやシリコーンでできている物が多いそうです。
 さらに、歩くためではなく、走ったりとんだりできるスポーツ用のぎ足があります。ロンドンオリンピックやパラリンピックでは、ぎ足で走る人がたくさん活やくしました。
 今とくらべると、昔のぎ足は足がいたくなったり、歩きにくいので、かわいそうだと思いました。ぎ足でパラリンピックに出場する人は、本当に勇気があると思いました。未来には、足とまったく同じ働きをするぎ足が、できるといいなと思いました。
【評】 興味をもった話題について調べ、分かりやすく報告することができました。


BACK