こんぺいとう  平成25年度 
《詩》 あいうえおであそぼう   アクトン 小1 
 あおいよ あかいよ あいうえお
 かみなり こわいよ かきくけこ
 さんまは さかなだ さしすせそ
 たいこを たたいて たちつてと
 なんでも ともだち なにぬねの
 はさみを ちょきちょき はひふへほ
 まんがを みたよ まみむめも
 やまを のぼるよ やいゆえよ
 らっぱが きたよ らりるれろ
 わしは とうさん わいうえを ん
【評】 リズム感のある詩が書けました。先生は、「なんでもともだち」という表現が気に入っています。

《作文》 もうおべんきょうおわり   日本語科3
 わたしは、おかあさんが
「もう、おべんきょうおわり。」
と言ってくれるときが一ばんうれしい
です。
 そのわけは、あそべるからです。
【評】 勉強が終わったときの、○○○さんの嬉しそうな顔が想像できました。

《《作文》 動いて、考えて、また動く   アクトン 小4 
 「まず動く、そして考える」という野さんの体験したことを、わたしも同じように経験したことがあります。
 わたしは四才からヨガをしています。七才からは、毎朝起きてすぐにヨガをするようになりました。ヨガにはたくさんのポーズがあります。その中には、かんたんなものもむずかしいものもあります。むずかしいポーズの一つは、さか立ちです。ゆびを組んで、ひじを広げてゆかにつけ、頭のてっぺんもゆかにつけます。そして、ゆっくり足を上に持ち上げなければいけません。
 七才のときに、初めてさか立ちにちょうせんしました。とてもむずかしくて、足を上げることができませんでした。ひっくりかえりそうで、こわかったです。
 いきおいをつけて足を上げようとすると、たおれてしまいます。そこで、足をおなかにつけるように曲げてみました。ひざを曲げ、足をゆっくり持ち上げるとバランスがとれることがわかりました。そしてひざを曲げたまま、一分以上さか立ちができるようになりました。足に力を入れすぎずにゆっくりとひざをのばすと、まっすぐなさか立ちができました。そうしたら、いろいろなポーズができ始めました。たとえば、さか立ちのまま足を広げたり、後ろにひざを曲げたり、足のうらと足のうらをくっつけたりできるようになりました。
 手と頭をしっかりゆかにつけること、おなかをひっこめるように力を入れることが大事です。目をとじたり、一点を見たりして集中すると、もっと上手にできることも発見しました。
 
【評】 自分なりに工夫した体験を、「始め、中、終わり」で、きちんとまとめることができました。

《作文》 私の宝物   フィンチリー 中1 
 私の宝物はピアノです。小学一年生の時に、買ってもらいました。その時から、ピアノは私の一番の宝物になりました。私はうれしくて、うれしくて、買ってもらったその日から練習しなかった日は一度もありませんでした。
 1年生の時、私は電子ピアノを弾いてもあまり強弱が出せず、少しばかりふまんを抱いていました。そんな時、雑誌に出ていた黒いピカピカのピアノにひとめぼれしました。その日、私は母にたのみこみました。ピアノが家に来た時は、黒くピカピカで雑誌にのっていたのと同じでした。
 私は、ピアノからでてくるきれいな音が大好きです。ですので、調律の方が半年に一回来てくださると、またきれいな音がでると思い、とてもうれしくなります。このきれいな音を聞くと、私は心が落ちつきます。この音を聞くとまたがんばろうと思います。
【評】 「黒いピカピカのピアノ」が〇〇さんにとって、どんなに大切な宝物か、文章から伝わってきました。

《作文》 テレビ   クロイドン 小6 
 私は悪くない。
 だから、絶対に「ごめんなさい。」は言わない。
 私がテレビを見ていたら、お母さんがテレビを消した。私が宿題をしないでテレビを見ていたのは悪いけど、録画をする間もなくテレビを消されてしまった。ドキュメンタリーのばんぐみですごくおもしろいところだったから録画をしたかったのに、うむを言わさずテレビを消された。
 宿題をしないで、テレビを見ていたのは悪いけど、見ていたドキュメンタリーは自然をテーマにしたとっても刺激的なものだった。お母さんがテレビを消したときは最後の方だった。
 お母さんがテレビを見る前に宿題をするように言っているのは分かるけど、おこりながら部屋に入ってきて私が何を見てるか、何分で見おわるのかも聞かないで、いきなりテレビを消した。一言言ってくれたら録画することもできたし、地震や津波のことが出ていて興味深かったのに。
 お母さんは
「ごめん。何見てるのかがわかんなくて。てっきりまたマンガを見ているとばかり思ったから。」
と言ったが、私はすごくはらが立って、自分の部屋のドアをばたんとしめてベッドでねころんだ。
 しばらくしてちょっと気持ちが落ち着いてきたとき、お母さんが私の大好きなチョコをもってきて
「ほんと、ごめん。何見てるか見ないでテレビ消しちゃって。」
と言ってきたので、私も
「これからは見たいテレビは録画して、宿題やってから見ることにする。」
と言って仲直りした。
【評】 ちょっとした誤解から起きた出来事で、けんかは始まります。仲直りができてよかったですね。


BACK