こんぺいとう  平成25年度 
《作文》 あいうえおであそぼう   フィンチリー 小1
 あんぱん おいしい あいうえお
 かたつむり かわいい かきくけこ
 さっぱり そば さしすせそ
 たけのこ おいしい たちつてと
 なかよし にこにこ なにぬねの
 はくさい ほうれんそう はひふへほ
 まるい めがね まみむめも
 やまごや やっほう やいゆえよ
 らあめん つるつる らりるれろ
 わたあめ だいすき わいうえを ん
【評】 楽しい「あいうえおのうた」ができました。食べ物がたくさん出てきたね。

《作文》 あいうえおであそぼう   フィンチリー 小1
 ありんこ あるいて あいうえお
 かたいね おかしは かきくけこ
 さんかく すいかだ さしすせそ
 てんてん つんつん たちつてと
 なかよく のんびり なにぬねの
 ほんとに びっくり はひふへほ
 みかんを みつけた まみむめも
 やかんに おゆわく やいゆえよ
 りんごが つるつる らりるれろ
 わははと わらった わいうえを ん
【評】 楽しい「あいうえおのうた」ができました。

《絵日記》 五月十五日   クロイドン 小3
 きのう日本のおばあさんから、プレゼントがとどきました。
「何かな。」
と思って開けたら、中にランボルギーニが二だい入っていました。ぼくは、ミニカーをあつめていて、百五十台ぐらいもっていたけど、ランボルギーニはもっていなかったから、すごくうれしかったです。ぼくのおばあさんは、ピアノやヴァイオリンをがんばったとき、いつもおもちゃやおかしをたくさんおくってくれます。
 大きくなったら本物のランボルギーニを買おうと思います。オレンジにしたいと思います。 
【評】 百五十台もミニカーを持っているなんてすごいですね。絵 もとても詳しく上手に描けていて○○君がどんなにミニカーが好きかがよく分かりました。

《作文》 ありのせかい   アクトン 小3
 今日は、DVDをみました。「きょうりゅうのなぞ」と、「ありのせかい」です。ぼくが一番すきだったのは、「ありのせかい」です。
 「ありのせかい」では、こう言っていました。
女王ありがすを作ります。そのすの中に、たまごをおしりからうみます。女王ありは、たまごをきれいにします。二か月ごには、はたらきありがうまれました。そのあと、はたらきありがどんどんうまれます。
 はたらきありは、えさをさがします。なかまのありがどこに行くかわかるように、みつを出します。ぼくは、これを見てびっくりしました。ぎょうれつのと中に石をおくと、ありはどこに行くのかわかりません。また、えさが大きすぎると、大きいありが来て、そのえさをはこびやすいようにして、すにもって帰ります。えさは、すの中のへやにはこばれます。
 ほかのはたらきありは、すをもっと大きくします。えさを、もっとたくさんすのなかに入れられるようにします。
【評】 DVDを観た後で、一気に書き上げました。内容の説明がとても詳しく、上手にできました。

《《物語》 なりきり物語   アクトン 小6 
 えんぴつは、大きくなることはない。小さくなることしかない。だから、ぼくはとても小さくて、だれもぼくを使ってくれない。そんなぼくでも、とても大きかったときもあった。ぼくの持ち主は、いつも使ってくれていた。
 ある日、ぼくの持ち主の○○○○が、授業中ぼくを教室のゆかに落として、ぼくは教室のすみへころがってしまった。○○○○はぼくを拾うことをわすれたので、ぼくは一晩中、クラスのすみにいた。そのとき、大きなねずみがぼくを口でつかまえると、教室の中を走り回った。
「あああああ!」
とさけびたかったけど、ぼくはえんぴつだったから言えなかった。ねずみがよしゆきのテーブルの下で立ち止まって、ぼくをおろした。ねずみは、ぼくがかたすぎるので、かむのをあきらめたみたいだ。ぼくは、大きなねずみより強いんだ。
 次の日、○○○○が教室に入って来て、ぼくをみつけた。ぼくはほっとした。もう、夜のこわい教室の中にいることはいやだ。○○○○が、ぼくをふで箱に入れた。ここがぼくの住み家。
【評】 鉛筆になりきり、鉛筆から見た世界や気持ちを上手に表現できています。



BACK