こんぺいとう  平成24年度 
《短歌》 たのしみは フィンチリー 小6
たのしみは いろんな色を 混ぜながら
  おもしろい絵を 作り出すとき
【評】 絵に色をつける前の、色作りの楽しさが伝わってきます。

《短歌》 たのしみは フィンチリー 小6
たのしみは こっそり夜に 音楽を
  ボリューム下げて 耳済ますとき
【評】 音楽を演奏するのも聞くのも好きな○○さん。夜、隠れて聞く音楽はどんな曲ですか。

《短歌》 たのしみは フィンチリー 小6
たのしみは ながく会えない そふぼたち
なりたの中で だきつけるとき
【評】 成田空港に出迎えてくださったおじい様やおばあ様に、思い切り抱き付くことができて嬉しかったですね。

 《短歌》 たのしみは  フィンチリー 小6
たのしみは わたしが作る あさごはん
みんなのこさず なくなったとき
【評】 ○○さんが作った朝ごはんは、とてもおいしいのでしょう。全部食べてもらえてよかったですね。

 《詩》 私はお日様  クロイドン 小5
 私が起きると朝が来る
 みんなが私に笑ってる
 私がねると夜が来る
 今度は月が笑ってる
【評】 語感や言葉の使い方をよく考えて、詩を作りましたね。

 《詩》 ながれ星  クロイドン 小5
 ながれ星はさくらみたい
 小さい時間のうれしさで
 みんなでひかっておちながら
 春かぜでどこかに
 きえていく
【評】 流れ星を、咲いてあっという間に散る桜にたとえ、上手に表現しています。

 《日記》 大すきなともだち  フィンチリー 小1
 わたしの大すきなともだちは、アレックスという学校のともだちです。アレックスはみんなにすかれています。どうしてかというと、アレックスはみんなのはなしをよくきいて、やさしいからです。
 アレックスは、犬を二ひきかっていて、きょうだいもたくさんいます。アレックスは、きょうだいの中で一ばん小さいです。
 わたしもアレックスのように、やさしくなりたいです。
【評】 みんながアレックスのことを好きな理由が、よく分かりました。
 
 《作文》 ママと二人きりのクリスマス  アクトン 小2
 「よっしゃあ。サンタさん来た。」
と、わたしはクリスマスツリーの前でとびはねました。姉と父は、ひいおばあちゃんがなくなって日本に帰っているので、母と二人きりのクリスマスです。
 わたしのプレゼントは、「ちびデビ」というコミックの本二さつでした。とてもほしかった本なのですぐに読んでみると、すごくおもしろかったです。
 姉とわたしへのプレゼントが三つありました。わたしはぜんぶあけてみました。一つ目は、わたしたちがほしかった、十二月ごうと一月ごうの「ちゃお」でした。かわいいふろくがついていて、とてもうれしかったです。二つ目はWiiの「リズム天国」というゲームでした。わたしはすぐにあそんでみたくて、じゅんびをしました。いっぱいしかけがあって、母といっしょにやりました。
「玲、よかったね。」
わたしはにこにこになりました。
 朝ごはんを食べているあいだ、とくべつにユーチューブで「かいけつゾロリ」を見ました。いっぱいおやじギャグを言ったり、いろいろなイタズラをしたり、おもしろくて二人でわらいながら見ました。クラッカーも母といっしょにやりました。「パンッ。」という音がなって、中にはトナカイの小さいシートとジョークが入っていました。
 お昼ごろ、三つ目のプレゼントをあけてみると、ねがいごとをかなえる手作りセットでした。一つ作ってみると、とてもうまくできたので、姉にも一つ作りました。私は母にすぐ見せました。
「玲ちゃん、上手にできてよかったね。」
わたしは、もっとうれしくなりました。その夜はぐっすりねむりました。
「楽しかったな。」
とても楽しいクリスマスでした。
【評】 お母さんと二人きりだったけれど、とても楽しいクリスマスになってよかったですね。幸せな様子が溢れた作品です。
 
 《日記》 クリスマスパーティー  フィンチリー 小4
 わたしは、十二月二十四日にお父さんの会社のクリスマスパーティーに行きました。お母さんと妹が行けなかったので、お父さんの仕事の時間の七時に家を出ました。私はとてもねむかったです。でも、クリスマスパーティーを楽しみにしていたので、がんばって起きました。
 パーティーは十時からでした。それまで、ずっと勉強をすることになりました。お父さんは私のとなりで仕事をしていましたが、パソコンをしたり、紙に何か書いたり、印刷したり、他の人と話し合いをしたりしていました。でも、どんな内ようなのかまでは分かりませんでした。むずかしそうな仕事でした。
 そしてクリスマスパーティーをしました。待ちに待っていたパーティーです。最初小人さんが出て来て、マジックショーをしてくれました。はじめは、小人さんたちは何もマジックができませんでしたが、最後にとてもすごいマジックをしてくれました。カップに小さなボールを入れてふたをすると、大きなみかんに変わってびっくりしました。次に、ぼう子の中に小さなボールを入れると大きなマンゴーが出てきました。私は、小人さんがとてもすごくて面白いと思いました。 あとは、おやつを食べて、トナカイのバルーンを作ってもらい、最後にサンタさんが来てくれました。私はサンタさんのおなかの中にクッションが入っていると思いました、なぜなら、おなかが大きかったけれど、ペコッとへこんだりしていたからです。わたしはサンタさんからおかしとカップケーキをもらいました。
 クリスマスパーティーはとても楽しかったです。来年もまたパーティーがあったらいいなと思いました。
【評】 パーティーも楽しく、お父さんの仕事の様子も見ることができて、とても素敵な一日でしたね。
 

                               BACK