こんぺいとう  平成24年度 
《作文》 努力していること  日7 
 私は、けんこうのためにいろいろなことをするようにしています。毎週、五〜九時間、運動をするよう努力しています。学校でもたくさんのスポーツをしています。それから、体に良い食べ物をたくさん食べるようにしています。野菜もいっぱい食べています。
 私はギターとウクレレを持っているので、練習するようにしています。友だちといっしょにひけるように、あたらしい音楽をたくさん練習しています。
 これからがんばりたいと思っていることは、教室で勉強に集中することです。また、犬のさん歩に行くこともがんばりたいと思います。宿題がたくさんあるので、犬といっしょに歩く時間はあまりありませんが、これからはもっと犬をさん歩に連れて行くようにします。
【評】 ○○さんは、普段からたくさんの努力をしているのですね。一生懸命な気持ちが伝わってきます。

《作文》 ほうこくする文章  フィンチリー 小3
 ぼくは、DVDについている記号を調べました。どのDVDにも、すみの方に小さい記号がついていて、ふしぎに思ったからです。記号は、2センチより小さくて、形は、三角・まる・八角形です。中にアルファベットか数字が入っています。色はみどり、黄、赤、青があります。お母さんといっしょにインターネットで調べました。
 分かったことは、三角の『U』と八角形の『G』は「だれが見てもいい」という意味です。こわい場面や悪い言葉をつかっていないからです。『PG』は、「子どもは親といっしょなら見ていい」という意味です。少しこわいところがあるからです。
 『K』『N』『Q』の数字が入っている記号は、何さいから見ていいかをしめしています。それから、三角とまるはイギリス、八角形はアイルランドできめた記号だと分かりました。日本で買ったDVDには、記号がありません。
 今まで、DVDの記号に気がつきませんでした。子どもがこわいDVDをまちがって見ると、こわいゆめを見るかもしれません。記号があると、見てもだいじょうぶかどうかすぐわかるので、べんりだと思います。
【評】 自分で不思議に思い、調べ始め、色や形、また国によっての違いなどが良く書けています。

《感想文》 「くまって、いいにおい」を読んで  クロイドン 小5
 森のおくに住んでいるくまの所に、いろいろな動物たちがつらいときや悲しいときにやってきます。そして、気持ちのいいくまの毛に顔をうずめて泣いたりします。でも、くまはみんなにいいにおいだと言われても、自分の役に立たないので消してしまいたくなります。それで、きつね博士の発明したニオイキエールを飲んでしまいます。ところがみんなが来なくなってしまい、くまはとうとう病気になってしまいます。
 もしもぼくがくまだったら、その薬を飲まないで他の方法を考えたと思います。例えば、自分のにおいがする物を動物にあげて、一週間に二日だけは来てもいいと言います。そうすればみんなとずうっと友達でいられて、病気にもならなかったと思うからです。
 最後にきつねくんが一生懸命看病したおかげで、くまは元気になりました。くまが自分が薬を飲んだのを後悔して、みんなが前と同じように来てくれるようになってよかったと思います。ぼくは一人ぼっちでいると悲しくなるから、くまもきっとつらかったと思います。
【評】 くまが自分の臭いについて悩むなんて、想像しただけでもおもしろいですね。最後は元気になり、ほっとしました。

 《感想文》 「杉原千畝物語」を読んで  アクトン 小5 
 このお話は、第二次世界大戦中、杉原千畝という外交官が、本国の政府から反対されても、六千人のユダヤ人にビザを発給してたくさんの命を救った感動の物語です。
 ぼくはこの本を読んで、杉原千畝は、自分のことよりも他の人のことを先に考える、心のやさしい勇気のある人だと思いました。
 なぜそう思ったかというと、国の命令を無ししたら、仕事を失うことになると分かっていたのに、自分をぎせいにしてユダヤ人を助けたからです。
 もしぼくが杉原千畝だったら、助けたい気持ちはあっても、国に背くことは悪いことだと思って、どうしても決断が出来なかったと思います。
 ぼくはこの物語から、人生にはむずかしい決断があり、えらい人の言うことを聞くだけではなく、自分が強く感じた気持ちを信じて決めることも大切だということを学びました。
【評】 杉原千畝の正義と勇気に感動した、○○君の気持ちがよく分かります。困難にも負けず、大勢の人たちを助けた彼の生き方に、学ぶことがたくさんありましたね。


BACK