こんぺいとう  平成23年度 
3月3日 vol.38
《作文》 「冬休みのできごと」    クロイドン 小3  
 冬休みに、わたしはお母さんと日本に行きました。おじいちゃんがびょう気なので、日本に会いに行きました。
 おじいちゃんとおばあちゃんの家についたら、おじいちゃんとおばあちゃんが、とてもよろこんでくれました。おばあちゃんはなきそうでした。
 1時間たってから、おばあちゃんが作ってくれたツナおにぎりを食べました。
 つぎの日、お母さんが車いすを買って、おじいちゃんにプレゼントしました。その車いすにおじいちゃんを乗せて、みんなで大きな公園に行きました。
 そこは、おじいちゃんが元気な時にいっしょにあそんだ公園です。おじいちゃんはとてもよろこんでくれました。わたしはうれしかったです。
【評】 おじいさまもおばあさまも○○ちゃんの元気な顔を見て、どんなに嬉しかったことでしょう。おじいさまがはやく元気になられるといいですね。 

《作文》 「アイススケート」    フィンチリー 小2 
 きょうは、ぼくのさいしょのアイススケートでした。おとうさんとおかあさんと○○で行きました。おかあさんと○○は、見ていました。
 さいしょにスケートぐつをはきました。おもかったです。おとうさんと手をつないで、スケートリンクに行きました。ぼくの足は、へんなかんじがしました。スケートリンクのまわりについている手すりにつかまってすべりました。
 しばらくたったら、じぶんですべれました。すごいと思いました。リンクでは音がくもかかっていました。
 今どは、おかあさんと○○もいっしょにスケートをしたいです。
【評】 はじめてスケートをしたときに感じたことが生き生きと書けています。 

《詩》 「みつばちと花」    フィンチリー 小4 
 私はいつも風に花びらを落とされている
 でも私の中にはみつがある
 みつがあるからみつばちと友達になれる
 みつをあげる時
 みつばちはありがとうといって
 自分の住みかにもどっていく
 私は弱いけどいい友達がいる
 友達っていいな  
【評】 みつばちと花の温かいやりとりが書かれていますね。「私は弱いけど…」というところに花の心の強さを感じます。 

《作文》 「もちつき大会」    アクトン 小1 
 きのうは、あさからわくわくしていました。なぜかというと、もちつき大かいだったからです。ぼくは、ぺったんぺったんおもちをつきました。きねはおもたかったけれど、たのしかったです。つきたてのおもちは、やわらかくておいしかったです。 
【評】 1人1人お餅つきができて楽しかったですね。教室へ戻ってみんなで食べたお餅はおいしかったですね。

《作文》 「ぺったんぱったん」    アクトン 小1 
 まちにまったもちつき大かいの日がきました。ドキドキしました。においがおいしそうで、早くおもちをたべたくなりました。
 きねはおもくなかったです。だって、おとながささえてくれたから。
 きょうしつにかえって、おもちをたべたとき、とってもおいしくてかんどうしました。もう1こたべたくなっちゃいました。 
【評】 たくさんの人が集まって、もちつきの準備をする様子にわくわくしましたね。みんなで力を合わせてついたおもちの味は格別でした。

《作文》 「もちつき大会」   アクトン 小2 
 今日はもちつき大会でした。体いくかんに入ったら、おもちのにおいがあふれていました。
 きねをもちあげたらおもたかったです。
 ぺたん、ぺたん、どんどんどきどきしてきました。おもちをすぐにたべたかったです。やっとおもちができたときわたしはかけっこでクラスにもどりました。すぐあとに、かかりの人がおもちをかかえてクラスにもってきてくれました。
 わたしは、おとうとたちにおもちをわけませんでした。とても小さくておいしくて、ぜんぶ食べたかったからです。おむかえのとき、わたしのおとうとたちは「ずるい。ずるい。」とさけびました。わたしは、「ひひひ。」とわらいました。 
【評】 おいしいおもちだったけれど、小さかったので、あっという間に食べてしまいましたよね。弟さんには、補習校に入るまで楽しみに待っていてもらいましょうね。

BACK