こんぺいとう  平成23年度 
11月12日 vol.24 アクトン運動会特集
《作文》 「たのしかったうんどうかい」  小1A  
 「やったー。かったぞ。」
ぼくはガッツポーズをした。ぼくは、赤ぐみがぜったいにかつと思っていた。
 うんどう会で1ばんたのしかったのは、玉入れです。いっしょうけんめい玉をなげたけれど、さいしょはなかなかはいらなくてくやしかった。だから、じぶんでなげた玉が入ったときは、とってもうれしかった。
 らい年のうんどう会もかてるように、がんばりたいです。
【評】 玉入れの時の○○○君の気持ちを詳しく書けました。一生懸命頑張ったことが、先生にも伝わりました。

《作文》 「うんどうかい」  小1B 
 10月15日は、ほしゅうこうのうんどうかいでした。ぼくは、しろぐみでした。ぼくが1ばんたのしかったのは、つなひきです。つなをもったとき、がんばるぞと、おもいました。
 こうしゃちょうせんせいがふえをふくと、ぼくは、力いっぱいひっぱりました。2かいして、どちらもしろがかったので、すごくうれしかったです。
 さいごは、あかぐみがゆうしょうしました。ぼくは、しょんぼりしてしまいました。
【評】 みんな一生懸命頑張りました。白組は負けたけれど、みんなで力を合わせた運動会は楽しい思い出ですね。 

《作文》 「はじめてのうんどうかい」  小1C 
 きょうのうんどうかいでいちばんたのしかったのは、つなひきです。みんなでがんばってかちました。あとですこし、てのひらがいたくなりました。あかぐみがかって、とてもうれしかったです。そして、うんどうかいのあとは、すごくおなかがへりました。  
【評】  みんなで力を合わせて頑張ったアクトンタイムはとてもいい思い出になりましたね。先生も大きな声で応援したので、のどがカラカラになりました。 

《作文》 「うんどうかい」  小1D
 うんどうかいで、わたしが1ばん楽しかったことは、つなひきです。なぜかというと、みんなで引っぱるときにたおれそうになるところがおもしろいからです。わたしのいる白組はつなひきで、赤組にかちました。でも玉入れは、赤組がかちました。みんなでおうえんして、「しーろっ。」と力づよくいいました。さいごは、赤組がかったけれど、わたしは楽しかったです。 
【評】 綱引きの様子や応援の様子を上手に表現できました。勝っても負けても、楽しい運動会になりましたね。

《作文》 「うんどうかい」  小1E 
 つなひきをやっているとき、だんだんひきずられて、「まけるう。」とおもいました。
 たまいれは、あかぐみがもっとたまをいれていました。大だまころがしは6ばんでした。 
【評】  綱と一緒に引きずられていくときの気持ちがよく伝わってきます。負けてしまったけれど、みんな力をつくしてよく頑張っていました。

《作文》 「がんばれしろぐみ」  日1 
 きょう、ほしゅうこうでうんどうかいにはじめてでました。
 わたしは、つなひきと大だまころがしがうまかった。だけど、たまいれはぜんぜんだめでした。わたしのしろぐみがまけて、かなしかった。 
【評】 白組が負けましたが、みんなと頑張った運動会でした。書きたいことがいっぱいあるといって、作文もがんばりました。すばらしいです。

《作文》 「うんどう会」 小2A 
 うんどう会はすごくたのしかったです。1ばんたのしかったのは、大玉ころがしでした。なぜかというと、2年A組がかったからです。
 わたしのばんのとき、どきどきしました。パートナーといっぱいがんばったら1いになれました。
 玉入れもたのしかったです。1年生と2年生は2かいずつやりました。わたしはぜんぜん入れられなかったけどみんなががんばって赤組がかてました。きょ年はまけてもたのしかったけど、ことしは赤組がかてて、もっとたのしかったです。
【評】 運動会は勝っても負けても楽しいですね。最後まで、どちらが勝っているのか分からなかったので、どきどき、はらはらしましたね。 

《作文》 「うんどう会のつなひき」 小2B 
 10月15日はうんどう会でした。ぼくは、白組でした。
 つなひきでは、おもいっきりつなをひきました。つなをひっぱっている間に、つながすこしずつこっちがわにひっぱられているのをかんじたので、ぼくは心の中で、「これは、かちそうだ。」と思いました。その時ふえがなりました。白組がかちました。ぼくはガッツポーズをしてよろこびました。
【評】 「これはかちそうだ。」という感じがよく分かります。先生もガッツポーズをしましたよ。 

《作文》 「玉入れ」 小2C 
 土曜日に、たのしみにしていたうんどう会がありました。ほしゅう校のイベントで、うんどう会が1ばんすきです。その中で、とくにすきなのは、玉入れでした。玉入れは、ソーセージの形みたいな白い玉をなげて、かごに入れるのがおもしろいです。「よし入れるぞ。」と「入ったらいいなあ。」と思ってなげました。5こぐらい入れました。あと5回なげたけど、上にいったり、うんどう会の手つだいをしていたおとうさんのあたまにぶつかったりしました。白組が2回まけたので、ざんねんでした。とてもがっかりして、ためいきをつきました。
【評】 「ソーセージのような玉」という表現がとてもユーモラスですね。玉入れの時のみんなの気持ちが伝わる絵もとても上手に描いてくれました。 

《作文》 「うんどう会」 小2D 
 「赤組かあ。」
 うんどう会の前、すこし心ぱいでした。きょ年、白組でかったからです。
 ラジオ体そうのあと、手話をしながら「小さなせかい」をうたいました。
 さいしょは大玉ころがしです。わたしのばんがきた時、玉がなかなかフラフープに入らなかったので、すぐにスタートできませんでした。2年D組は、すこしのさで2ばんだったけれど、赤組がかったので、すこしあん心しました。
 つぎはつなひきです。力いっぱいひっぱりました。さいしょはやりなおしです。まけそうだと思ったけれど、2回ともかちました。
 さいごは玉入れです。1回目は同点でした。わたしは、きょ年よりいっぱい玉をなげられたと思います。2回目と3回目は、赤組がかってうれしかったです。
 とく点がはっぴょうされる時、ドキドキしましたが、10点さで赤組がかちました。今年は赤組でよかったと思いました。
【評】 運動会での出来事を順序よく分かりやすく書けました。はじめは、赤組で心配だったのが、最後に喜びに変わった気持ちがよく伝わってきます。 

《作文》 「うんどうかい」 日2  
 土よう日は、うんどうかいでした。ボールころがしがいちばんたのしかった。いちばんになったからです。つなひきもたのしかったです。白ぐみはつなひきでかちました。さいごは、白がまけました。かなしかった。でも、うんどうかいはたのしかったです。
【評】 みんなで、力を合わせて頑張ったものね。今回は負けちゃったけれど、いい思い出になりましたね。

BACK