こんぺいとう  平成23年度 
9月10日 vol.15
《作文》 「ロンドンにあるせかい」  フィンチリー 小2  
 「ホワット、ユア、ネーム。」
 きらきらしたちゃ色の目のやさしそうな女の子と、ながい金ぱつの、ほっぺのまるい女の子がこえをかけてくれました。○○小学校の1日目。えいごは、ほんのすこししかわからず、しっている子もいなかったので、足がふるえるほどきんちょうしました。きょうしつに入るまえ、みんなや先生が言っていることがわかるかな、何てあいさつすればいいのかなと、とてもしんぱいしました。
 おかあさんの手にしがみつきながら、きょうしつに入るとたくさんの女の子たちがかけよってきました。わたしはびっくりして、目になみだがうかびました。こえをかけてくれた2人の女の子が、わたしをと書しつにつれていってくれて、「すきな本をえらんでいいよ。」と言ってくれました。ちゃ色の目の女の子は、○○といってアフガニスタンからきた子でした。もう1人のほっぺのまるい子は○○といって、イギリスの子でした。かみの毛もはだのいろもくろいアフリカの子ともお友だちになりました。イギリスの学校にはいろんな国の子がいるので、びっくりしました。
 「せんそうやこう水で自分の国にすめなくなった人たちも、イギリスにいっぱいいるんだよ。」とおとうさんがおしえてくれました。
 わたしのクラスのみんなで、だいえいはくぶつかんにいきました。グループになっていきました。ロゼッタストーンは、エジプトのゆうめいな石です。先生は、ロゼッタストーンにはエジプトのむかしの字が書いてあるんだよと言っていました。ミイラを見たら、いろいろなものが入っていました。またウインザーじょうには、インドの王さまからとってきた、とらのかざりがありました。イギリスには、せかいじゅうのものがあつまっているのでびっくりしました。
 「ドネーション、フォー、ジャパン、プリーズ。」と、グループのおともだちといっしょうけんめいおねがいしました。日本で大きなじしんとつなみがあったあと、わたしたちの学校でも、日本をおうえんするためのイベントが何かいもありました。日本人の女の子たちは、校ちょう先生に「ぜん校しゅう会に出てください。」と言われたので、わたしたちはゆかたをきて出ました。日本人のおかあさんたちがたくさんのおりがみのつるをつくったので、日本人の子どもたちで、ぼきんしてくれた人たちにわたしました。イギリス人は、日本をたすけてくれるやさしい人たちだと思いました。イギリスには、世界の人とものがあつまっているので、せかいのことが見えるのかなと思いました。
【評】  イギリスの小学校1日目の緊張した気持ちと、友達との出会いが生き生きと描かれています。日本を応援する募金活動を通して、イギリスに暮らす人たちの優しさに触れることができましたね。 

《感想文》 「そのままの君が好き」  アクトン 小5
 このお話は、両親のいない5人兄弟が王様の子どもになれると聞いたところから始まります。ぼくは子どもたち5人だけで、力を合わせて暮らしてきたなんてすごいと思いました。きっと5人兄弟は、親がいないのに子どもだけでがんばっているから、王様は感心して自分の子どもにすると決めたのだと思います。5人兄弟は王様に喜んでもらえるようにおくり物を作ることにしました。上のお兄さんお姉さんには、得意なものがありましたが、末の女の子は得意なものが何もなくて、王様にさし上げるものがありませんでした。ぼくはこの女の子は王様の子どもになれないのではないかとかわいそうに思いました。
 ある日、商人のかっこうをした男の人が小さなこの村にやってきました。その人は実は王様でした。王様は5人兄弟をむかえに来たのですが、おくり物をつくるのにいそがしくて、商人のかっこうをした王様に上の兄弟は王様と気がつかず、話もしませんでした。でも、末の女の子だけは、王様のロバの世話をして、王様とたくさん話をしました。王様と女の子が話していて、きっと王様は女の子がかしこくて人の心が分かると思ったのだと思います。女の子が「おじさんは心のおだやかなやさしい人だと思ったから」と言ったのか、王様は女の子を気に入った理由だと思います。末の女の子が王様の子どもに選ばれて良かったです。他の4人の兄弟は、選ばれなくて少しかわいそうだと思いました。
【評】  5人の兄弟はそれぞれ王様を喜ばせようとする気持ちは同じです。でも、末の女の子はどのような人であっても心をこめて世話をしたり、話したりする姿に、王様は感心したのでしょう。本を通してよいことを学びましたね。 

《手紙》   クロイドン 小1
○○先生へ

 うんどう会のチームは、赤ぐみにしてください。
りゆうは、ぼくのおねえちゃんとおともだちの○○ちゃんとおなじチームになりたいからです。
おねがいします。
○○より
  
【評】  ○○くん、お手紙ありがとう。どうして赤組になりたいか、理由もしっかり書けましたね。運動が大好きな○○くん。運動会で大活躍してください。 

《日記》 「7がつ15にち」  アクトン 小1 
  きょうは、ぼくのがっこうのおともだちの○○のさいごのひでした。
○○は、すこっとらんどにてんこうします。ぼくはとてもかなしいです。そしてぼくは、○○のことをわすれません。

 
【評】 友達とお別れするのは、とても悲しいことですね。○○くんもきっと○○くんのことを忘れないと思います。そしていつの日か、またあえる日が来るかもしれませんね。
BACK