こんぺいとう  平成23年度 
5月21日 vol.5
《作文》「日本語の当事者として英語を取り入れることの功罪を考える。」  アクトン  旧高1 
 日本語は英語に大きく影響されている言語である。たとえば、日本をはじめ全世界で人気のtwitterでは「なう」すなわち「now」という言葉がはやっており、「登校なう」のように使われている。しかし、この「なう」の使い方は、英語の文法から言えば、間違っている。日本語を永年学んできたアメリカ人にこれを見せたところ、「なう」をこのように使うことはあり得ないと言っていた。日本では英語をさかんに使っているが、本来の正しい使い方ではないことが多い。
 他にも、日本でよく見る「コンビニ」や「ファミレス」など、英語を省略してそれを生活に取り入れている。他の言語に比べると、言葉を省略するのは、日本語でよく見られると思う。イギリスで「convinience store」と呼んでいるものは、日本語になると「コンビニ」になってしまう。こう書いて考えると、いかにもおかしい。
 このように日本はよく勝手に別の言語の表現を微妙に変えて取り入れている。果たしてこれは許されることだろうか。
 ここで、日本語が英語にどのような影響を与えているのか見てみよう。英語には「futon」や「tsunami」など日本語の名詞が、すでに取り入れられている。また、日本のオタク文化は現在、爆発的に全世界へ広まっていて、「otaku」や「manga」など日本語を、英語でも同じ意味の言葉として、使うようになっている。これは、日本の文化が、直接的に英語に影響しているということではないか。
 日本語が英語に影響を与えるときと、その逆の場合の大きな違いは、英語では取り入れられた日本語を省略することがほとんどないことだ。これは素晴らしいことだと思う。他の文化や言語から表現を取り入れる時、その言葉の意味や使い方をほとんど変えないで使うアメリカ人、イギリス人はとても礼儀正しいと思う。なぜなら、その相手の言語への尊敬が見られるからだ。反対に、日本人は勝手に英語の言葉を取り入れておきながら、意味を変え、しかも省略する。それは断じていいことではない。他の文化から言葉を取り入れるのはいいが、それを勝手に変えるのは失礼なのではないだろうか。
 
【評】  英語圏の人が日本語を取り入れるときと日本人が英語を取り入れるときの違いを分析することを通してその底に潜んでいるそれぞれの心を考察している点が大変よいです。

《作文》「百人一首大会」  クロイドン  旧中1 
部屋の中
みんな集中し始めた
最初の句が読まれた
みんなの目が動き始めた
手が動き始めた
相手の手も動き始めた
どこからか「パン」と音が聞こえた
だれかが先に取る
取られた
取った人はうれしい
取れなかった人はくやしい
でも次を取ると心に決めた
この速度
この集中力
この熱中
これがクロイドンの
百人一首大会だ
 
【評】  皆のすさまじいほどの意気込みが試合で繰り広げられましたね。大会の熱気が全体から伝わってくる詩です。

《作文》「順序よく表す言葉を使った作文」   フィンチリー  旧小3
 まず、みんなでおにごっこをしました。おにごっこをしている時は、おにが後ろから出てきたりすると、
「うわあ。おにだあ。ぎゃあ。」
と言ってにげていたので、とてもおもしろかったです。
 次に、まくらでたたかいをしました。たたかいをしている時は、かいだんから相手が上がってきているすきに、ふとんを上からかけてつかまえたり、重たいまくらをなげられてベッドにたおれたりして、とても楽しかったです。○○○くんとは、一度も遊んだことはなかったし、日本に帰ってしまうちょくぜんなので、たくさん遊べてうれしかったです。
 
【評】  順序よく表す言葉を使って、読み手に分かりやすく書けています。また、最後に帰国前の○○○君と遊べて、よかったですね。

BACK