こんぺいとう  平成23年度 
4月30日 vol.2
《詩》 「焼けたおべんとう箱」
やけた     クロイドン 旧小6

このべんとうはどろみたい
本当はお米だったのに
お母さんは
ちゃんと作ったのに
原爆はやっぱり
おそろしいものだよ


おべんとう    クロイドン 旧小6

おなかペコペコ
なにか食べたいよ
いつ、どこ
いつ、どこ
おべんとうやけた
ぜんぶやけた
なんにもない
たすけて、おべんとう
 
【評】 元の形とは全く違った物になってしまったお弁当。「焼けたおべんとう箱」を見て感じ取ったことから、すばらしい詩が書けました。持ち主のさけび声が聞こえてくるようです。

《説明文》 「かげ絵」  フィンチリー 旧小2 
 まず、よういするのものは、のり、はさみ、わりばし、セロハンテープ、カッターナイフ、カラーセロハン、色が用紙、えんぴつです。

 つぎに、すきな絵を黒い色が用紙に書きます。そして、はさみで書いた絵の線をきります。

 そのつぎに、そのきった絵の中にもようをつけます。たとえば魚だったら、うろこを作ります。その時は、カッターナイフで切ります。その後に、うらからカラーセロハンをのりではりつけます。

 さいごに、カラーセロハンにぶつからないようにわりばしをセロハンテープではってでき上がりです。

 
【評】 影絵の作り方についてわかりやすい絵と文で説明することができました。実際に作ってみたくなります。

《作文》 「『うさぎとかめ』のつづき」  アクトン 旧小3 
 「わあい。勝ったぞ。」
と、かめは、うれしそうに言いました。しかし、まだうさぎは、ねていました。みんながよろこんでいる音で、うさぎは目をさましました。うさぎは、まだ自分が勝っていると思っていました。ですから、うさぎは、
「かめのやつ、わたしが見えないほど遠くにいる んだな。は、は、は。」
と、言いました。
「うさぎくん。」
だれかが、うさぎをよんでいます。うさぎが後ろを見てみると、かめがいました。
「うそだ、うそだ、どうしてかめが勝って、わた しが負けたんだ。」
うさぎは、もう、びっくりです。そして、うさぎはかめに、
「ごめんよ。もうおそいなんて言 わないから、ゆるして。」
と、あやまりました。
「いいよ、うさぎくん。これから は、なかよくしようね。」
かめがウインクをしました。そしてうさぎもウインクをしました。
 
【評】 最後に、2匹が仲良くなっていくお話に心が温まります。




BACK