こんぺいとう   
1月22日 vol.33
《作文》 「戦争のことを勉強して」 小4
 私がおどろいたことは、戦争中はどこでも大変あぶなかったんだなということです。
 ロンドンの子も日本の子も、親とはなれて、いなかにひなんしました。ロンドンの人も家の後ろに防空ごうを作って、そこへひなんしました。それから、両方とも、物が不足したから、配給のキップを使わなければなりませんでした。両方の国で武器を作るために、家から鉄でできている物を集めました。さらに、両方の国で兵隊になることに「いや」と言えず、行かなければなりませんでした。
 戦ってどっちの国の人も、ケガをしたり、死んだりしてたくさんの人が不幸になりました。自分の命も大切ですし、自分以外の人の命も大切です。平和って、あって当たり前だと思ったけれども、この平和が続くように私は願うし、他の人もそう思ってほしいと思います。
 
【評】 戦争が減っていき、平和が世界中にどんどん広がってほしいですね。

《作文》 「お正月」 フィンチリー 小2
 12月29日から、わたしはオーストリアのインスブルックに行きました。
 12月30日に、オリンピックコースがあるスキーじょうに行きました。日がくれるまでスキーをしました。山のてっぺんまであがったので、コースをまちがえてしまい、オリンピックコースに入ってしまいました。すごいきゅうなさかを下りないといけませんでした。もどることはできませんでした。さかは、たにみたいにきゅうです。何回もころんで、もうすぐこのスキーじょうがしまってしまいそうだったので、かなりあせりました。でもわたしは、がんばって何とか下まで下り、ほっとしました。
 大みそかには、シュリックというスキーじょうに行きました。さいこうにおもしろかったです。
 元旦は、ロンドンにもどる日でした。空こうに行く前にかん光をしました。きねんひんをかえなかったので、ざんねんでした。でもスキーがじょうずにできたので、楽しかったです。
 
【評】 急な坂を恐る恐る、でも早く下りなければならないという場面を上手に書いていますね。スキーがとてもうまくなったことでしょう。

《感想文》 「『永遠に生きるために』を読んで」 クロイドン 小5
 サムは8才で白血病で死にかけていて、そのことをサムは知っています。物語はサムの8つの願望を達成することでこう成されています。
 サムの親友フィーリックスは、13才で白血病になやまされながらも、クールにしなやかにサムを助けて、サムは全ての願望を達成することができます。そして、それぞれのゴール地点でサムは自分が成長したことを実感し、最終地点の死の準備をしていきます。
 この物語の中でぼくは。サムとフィーリックスの友情に注目しました。2人とも白血病末期のため学校には行かず、どちらかの家で先生に来てもらって勉強をします。2人でサムの願望を実現させるために、さまざまな実験や経験を共にします。しかし、フィーリックスはある日突然、病院でなくなります。フィーリックスの死に打ちのめされたサムは、白血病をおさえるための薬がもう作用していないことに気付き、薬を止める決定をします。その1ヶ月後の平常なある日、自分の部屋でお父さんの側で、眠るように静かに死にます。ぼくは、フィーリックスの死がなければ、サムはそれほど自分の死を準備できなかっただろうと強く思います。病院で前ぶれもなく死んでしまった親友の死を目の当たりにして、サムは最後の10ヶ月を、自分の家で家族のために永遠に生きようと思ったのではないでしょうか。だからこそ、自分の意思ですべての薬を止めることを決心し、その逃れられない結果である死を自ら受けとめることで、家族の心の中で、永遠に生きる方法を見つけようとしたのだと、ぼくは理解しています。
 
【評】 病院で突然死んでしまった親友のことや自分が死ぬことを知ってから、サムは死から逃げないで自分の死をしっかりと受けとめたので、最後まで一生懸命に生きたんですね。

《作文》 「ねこのちび」 アクトン 小1
 ぼくのねこ、ちびは3がつに天ごくにいってしまった。
 ちびは、ちいさくてあしをひきずっていました。そして、ひだりのみみがまがっていました。
 目のいろはきいろです。
 けはオレンジときいろとしろで、とてもやわらかかった。
 はなはかわいいピンクで、ながいひげがはえていました。
 ぼくはちびがかえってきてほしいです。
 
【評】 「ちび」のことをとても好きで大切にしていたことが、よく分かります。

《作文》 「ひく」 フィンチリー 小4
ピアノをひく ドレミファソラシド
そりをひく ザーザー
くじをひく ドキドキ
電話をひく ピッポッパッポッ
つなをひく ヨイショヨイショ
かぜをひく コホコホ
コーヒー豆をひく ガラガラ
辞書をひく ピラピラ
ひく ひく ひく……。
 
【評】 たくさんの「ひく」をみつけました。ほかにもいろいろな意味をもつ言葉探しをしてみよう。


BACK