こんぺいとう   
12月11日 vol.29
《作文》 「ぼくのたからもの」 クロイドン 小1
 ぼくのたからものは、サッカーせんしゅのトレーディングカードです。
 このカードは四かくいです。大きさは、ぼくの手のひらぐらいです。
 いろいろないろがあります。ときどき、きんやぎんのひかるカードもあります。カードにはサッカーせんしゅのしゃしんと名まえとすうじのポイントがかいてあります。
 あそびかたは、おともだちとどちらがポイントのたかいカードをもっているかきょうそうしてあそびます。
どろぼうにとられたらこまるので、いつもねるまえにかくしてからねます。おとなになってもずっとたいせつにしたいです。
 
【評】 まとまりのある作文ですね。「隠してから寝る。」というところにどれだけ大切にしているかが、表れています。

《作文》 「日本地図」 アクトン 小4
 日本地図を見て、色々なことを考えました。私は、日本地図をちゃんと見たことがありませんでした。
 まず第一に「日本は細長い国だ。」と思いました。日本にはたくさんの都道府県があります。島も3000以上あるそうです。地図の色をよく見ると、緑色の部分が少なくて、茶色が多いです。日本は山地が多いことがわかります。お母さんは「日本の70%には人が住めない。」と言っていました。山が多くて大雨が降ったら、土しゃくずれになり、家がつぶれてしまったりすることがあるから、なかなか住まないそうです。
 また地図には、どこでどんな食べ物がつくられているかも書いてありました。
 「地図って、おもしろいな。」と思って、これからもっとよく見てみようと思いました。日本がこんなにおもしろいところだとは、今まで知りませんでした。
 
【評】 配付された地図帳を見て、色々なことを発見したんですね。日本は地域によって名産品があり、奥が深いですよ。

《手紙》 「ちいちゃんへ」 アクトン 小3
 せんそうの間、よくがんばったね。お母さんとはぐれたのはかなしかっただろうけど、そのあと一人で全部できたので強かったと思いました。そしてさいごにお父さん、お母さん、お兄ちゃんと会えてよかったね。
 ちいちゃんがお母さんと会っていない時、また一人でかげおくりをした所は、今は公園になっているんだよ。だれもちいちゃんたちが、かげおくりをしてたなんて知らないけど、わたしはちいちゃんのこととひどいせんそうのことは、わすれないよ。
 
【評】 ちいちゃんを思う気持ちがたくさん書けています。平和な世界にしたいですね。

《作文》 「小さい秋みつけた」 フィンチリー 小3
 夏のはじめに私のお兄ちゃんがお庭にかぼちゃのたねをうえました。葉っぱとくきがどんどん大きくなって夏休みには、黄色い大きな花がさきました。10月になると黄色い小さな実がなっていました。ハロウィーンには大きなかぼちゃがとれそうで、楽しみです。
 
【評】 夏にまいた種が大きな花をさかせ、ハロウィーンの頃には描いた絵のような大きなかぼちゃになっているといいですね。

《作文》 「小さい秋みつけた」 フィンチリー 小3
 秋になると、わたしは朝、ベッドからなかなか出られません。いつもどおりお父さんがさいしょに入ってきて、
「起きなさい。」
と、わたしを起こします。わたしはお父さんが言ったことを聞かずにまたベッドにもぐり、ねてしまいます。
 三分、五分たつと、お母さんがしずかな声で、
「起きなさい。」
と言いながら、学校のせい服をベッドの上に出してくれます。わたしは、せい服にきがえて、またベッドで寝てしまいます。
 どうして、秋はねぼうしやすくなるのでしょうか。
 
【評】 寒くなると、暖かいベッドからら出られなくなりますよね。人によっては、そんな秋の感じ方もあるのですね。


BACK