こんぺいとう   
5月30日 vol.7
《感想文》「『雨の日と青い鳥』の感想文」 フィンチリー 中2

 私は、この作品を読んで「兄妹」というものをよく知ることができました。私には、兄妹がいません。だから、兄妹がいる人のことをちょっとだけうらやましく思います。兄妹がいると、けんかをする相手がいるけれど、私にはそれがいません。
 「雨の日と青い鳥」では、育海が兄を思う気持ちにだんだんと変化が表れていきました。最初はきらいだったけれど、最後はちょっとだけお兄さんのことを理解できたと思います。兄妹は、けんかをしても仲直りができます。それが兄妹のいいところです。私は、この作品を読んで、「兄妹」を知ることができました。
【評】 育海と自分を重ね合わせ、気持ちを読み取ることができましたね。

《詩》「5年生」 クロイドン 小5

 あたらしい友達
 あたらしい先生
 ぜんぶあたらしいから
 ちょっとドキドキするけれど
 すぐになれる

 あたらしい教科書
 あたらしいノート
 クラスがあがるたびに
 ふえてくるけれど
 すぐになれる
 
 あたらしい教室
 あたらしいつくえ
 周りの人もかわっていくけれど
 ふんいきだって
 すぐになれる
 
 宿題もふえてたいへんになるけれど
 楽しみがいっぱいわたしのことをまっている
【評】 「あたらしい」のくり返しで新5年生になったドキドキした気持ちがよく表現できていますね。楽しいことがたくさんあるといいですね。

《作文》「春を見つけた」 フィンチリー 小2

 春になるとたくさんのたんぽぽが、わたしのにわにでてきます。
 黄色い花と白いわたげがあります。
 わたしはたんぽぽのわたげが大すきです。
【評】 これからべんきょうをする「たんぽぽのちえ」でかわいいたんぽぽのびっくりするようなひみつがわかりますよ。たのしみですね。

《作文》「こいのぼりしゅうかい」 アクトン 小1

 みんなでうたをうたったり、おおきなこいのぼりをみんなでもったりしたから、たのしかったです。
【評】 かぶとをかぶり、とてもおおきなこいのぼりをみんなでたのしそうにはこびました。よいおもいでができましたね。

《作文》「こいのぼりしゅうかい」 アクトン 小1

 トトロのうたといっしょにあるいてたのしかったです。ベルのついているこいのぼりとキラキラひかっているこいのぼりがかわいかったです。
【評】 たのしいうたにあわせて、こうしんしました。みんなのてづくりのかぶとや、こいのぼりがとてもすてきでしたね。

《作文》「こいのぼりしゅうかい」 アクトン 小1

 ほかのいちねんせいといっしょに、うたって、こいのぼりをふるのがたのしかったです。
【評】 こいのぼりのうたをうたいながら、つくってきたこいのぼりをふったとき、ほんとうに、そらをおよいでいるようでしたね。

BACK