こんぺいとう   
4月25日 vol.2
《作文》「ふくろうからの手紙」 アクトン 旧小2

 ある日ふくろうさんが、手紙をくわえてとんできました。私はびっくりして見ると、ふくろうさんは手紙を私にわたして、また森の方へとんでいきました。
「だれからかな。」
と手紙を開けてみると、中には花びらがたくさん入っていました。
「わあ、きれい。」
風がふいてさくらの花びらは、空高くとんでいき、しばらくすると雪のようにまいおりてきました。
 手紙の中にはメモも入っていて
「春をどうぞ…」
と書いていました。私は、ふくろうさんのとんでいった森にむかって、
「春をありがとう。」
と、大きな声で言いました。
【評】 お花がさき出して、春らしくなってきましたね。ちょうど今のうきうきした気分にふさわしい、すてきなお話がつくれましたね。

《作文》「大すきなともだち」 フィンチリー 旧小1

 ぼくには、いろいろなともだちがいます。げんち校では、えいごをはなすともだちや日本人のともだちがいます。まい日、学校で休みじかんにおにごっこやいろおに、こおりおになどをしてあそびます。
 べんきょうのときは、いっしょにすわって、先生のはなしをききます。ともだちといっしょにいるとたのしいし、わからないときは、たすけあえるからあんしんです。大すきなともだちとは、いつもあさからばんまでいっしょにいて、ずっとおしゃべりをしているけれど、ぜんぜんあきません。
 これからもずっと大じにしたいとおもいます。
【評】 いっしょにあそんで、たすけあって、そして一日中おしゃべりをしてもあきないともだちがいるなんて、すばらしいことですね。ずっとなかよくしてくださいね

《詩》「春は一年の始まり」 フィンチリー 旧小4

 春は一年の始まり
 さくらがさいて
 ちょうちょがとんで
 動物たちが起きた時

 春は一年の始まり
 新しいクラスになって
 友達をたくさんつくる時

 春は一年の始まり
 みんなの新しい始まりを
 むかえる時

 これから一年間
 楽しいことばかりおこるように
 いのる時
【評】 一年の始まりである春は、だれにとってもすばらしい一年になるように、いのる時ですね。

《作文》「かんきょうをまもる」 アクトン 旧日5

 私とかぞくは、たくさんかんきょうにいいことをしています。段ボールやガラスやプラスチックをリサイクルしています。
 お父さんは、なまごみをたいひにして、にわにまきます。省エネ電球をつかっています。うらがみもつかいます。
 私とかぞくは、あるいてがっこうに行きます。ふろの水をはなにあげています。
 私はとてもかんきょうにやさしいです。
【評】 すばらしいですね。世の中の人がみんなAさんの家族のようにかんきょうにやさしければ、おんだん化もおさえられるでしょう。

《作文》「わたしは、なんでしょう」 クロイドン 旧小1

 わたしは、はるにはピンクのようふくをきています。なつには、みどりのようふくをきています。あきには、ちゃいろのようふくをきています。ふゆには、しろのようふくをきています。
 わたしは、なんでしょう。
【評】 ようふくのいろが、きせつとともにどんどんかわっていって、とてもおもしろいもんだいができましたね。

BACK