こんぺいとう   
10月25日 vol.23
今回は、一年生の作品を紹介します。四月に補習校に入学してきてから、半年がたったところです。カタカナや漢字を上手に使い、自分の体験したことや感じたことをしっかり表現しています。日頃の学習の成果が表れていますね。
《作文》「大きなかぶ」 クロイドン 小1

 大きなかぶがぬけました。
 そのかぶには、めもはなもくちもあって、いきていました。
 おじいさんたちみんなは、びっくりして、あふりかへにげていきました。
【評】 かぶにかおがついていたのには、びっくりしましたね。かぶはぬかれてしまっておこっていましたか。

《作文》「かつぎょ うんぱんしゃ」 アクトン 小1

しごと
 さかなをいきたままおみせにはこびます。

つくり
 うんてんせきのうしろのにだいは、大きなすいそうになっています。車たいが大きいトラックには、タイヤがたくさんあります。

《作文》「ダンプカー」 アクトン 小1

しごと
 ダンプカーは、じゃりをはこぶしごとをしています。

つくり
 うんてんせきのほかには、大きなやねのないにだいになっています。じゃりをかんたんにおろせるように、にだいがうごきます。
【評】 『じどう車くらべ』で「しごと」と「つくり」について学習しました。そのあと、本・図鑑・カードを使って、教科書以外の車についても調べました。

《作文》「ルマン24じかんレース」 フィンチリー 小1

 ぼくはかぞくでフランスにいきました。くるまでユーロトンネルをつかっていきました。ルマンまで8じかんぐらいかかりました。
 ルマンはとてもいいてんきでした。レースはおひるの3じにはじまりました。ほかのくににくらべて、にっぽんのチームのおうえんはすくなかったです。ぼくとおにいちゃんでいっしょうけんめいおうえんしました。
 ぼくたちはコースのなかでキャンプしました。よるにおうえんをしたあとおとうさんがかんらんしゃへつれていってくれました。おとうさんがならんでいるときにこういいました。
「もしもあおいのにのれたらゲームをやらせてあげよう。」
ぼくたちはぎりぎりあおいのにのれました。しゃてきのゲームができました。ぼくはまちがえてはじっこにあったまとをうってしまいました。ぼくはミスしてしまったけれどたのしかったです。
 あさおきたらあめがふっていました。おとうさんとおにいちゃんははじっこにねていたからぬれてしまいました。レースをみにいったらにっぽんのチームが1だいもいなくなっていました。よなかにあめでクラッシュしたそうです。ぼくたちはとてもしんぱいになりました。でもかたおかせんしゅがせんせんふっきするよ、といったのでほっとしました。ぼくたちはがんばっておうえんしました。
 ひるの三じにレースはおわりました。かったのはアウディーでした。シャンパンシャワーがありました。ぼくにはかかりませんでした。おにいちゃんとおとうさんがうらやましかったです。
 ぼくはたのしかったのでまたらいねんもいきたいです。らいねんはドームがゆうしょうするでしょう。
【評】 24じかんレースをおうえんして、いいおもいでがたくさんできましたね。たのしいなつやすみになってよかったですね。

《作文》「ちょこれーと」 アクトン 小1

 あまくて、かじるととろとろーととけて、のどをとおるときに、にこにこわらっちゃう。
【評】 だいすきなたべもの、ちょこれーとをとてもじょうずにせつめいしています。おいしいものをたべるとつい、にこにこしていまいますね。

BACK