こんぺいとう   
6月14日 vol.11
《作文》「おとや日記〜きつつきの商売より〜 12月25日 天気(雪)」 アクトン 小3

 「クリスマスの音楽を聞きたい」
としかの子どもたちからのちゅうもんがあった。
 そこで『サイレントナイト』をもみの木の一番上からかなでた。
 しかのかぞくは、みんな雪の上にこしをおろして、目をとじて聞いていた。そのままねてしまった。
 あした百リルいただこう。
【評】 きれいなきょくを聞きながらねむってしまったしかの家ぞく。その様子を見まもっているきつつきさんは、やさしいですね。

《手紙》「お礼の手紙」 クロイドン 小5

 おばあちゃん、こんにちは。お元気ですか。ぼくは元気です。イギリスは毎日二十度をこえるくらい暑いです。毎日天気がいいので、こいのぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。ぼくも、気持ちよくしばふを裸足で走り回っています。
 日本はもう暑くなっていますか。それともまだすずしいですか。
 このまえ、たんじょう日にディーエスゲームを送ってくださって、ありがとうございました。ずっとほしかったゲームで、イギリスでは売っていないので、とてもうれしかったです。たんじょう日まであけてはいけなかったので、その日は母より早く起きて、六時からゲームをしました。とってもおもしろくて、ついやりすぎて、母におこられてしまいました。
 ぼくは今年の夏休みは日本へ行けませんが、来年はきっと行きます。
【評】 初めのあいさつ、もらったものに対してのお礼の気持ちがよく書かれています。

《詩》「真夜中」 フィンチリー 小5

 まっくらの
 森の中
 弱い月の光に
 遠くの風
 葉っぱがゆっくり
 落ちていく

 木の上に
 二つの黄色い光
 ゆっくりとじる
 風が強くなる
 小さな白いつぶが
 空から落ちてくる

 フクロウが
 ホーホー鳴く
 風が遠くなる
 森の中
 葉っぱがゆっくり
 落ちていく
【評】 真夜中の美しい情景を色・音を表す言葉をおり交ぜながら書くことができました。光景が目の前に見えるようです。

《作文》「わたしのゆめ」 クロイドン 小3

 わたしのゆめはたくさんあります。
 その中の一つはケーキしょくにんになることです。おいしいケーキやパイ、ビスケットを作ってたくさんの人に食べてもらいたいです。
 もう一つのゆめはか学しゃになることです。わたしがなりたいと思うか学しゃは、しぜんの中にある草花や木からとれるせい分をつかって、人やどうぶつのやくに立つおくすりを作り出すか学しゃです。わたしが作り出すおくすりはけがやきずにぬったり、それからかんじゃがおこった時やかなしい時にきもちをしずかにおちつける作用があります。
 ケーキやおくすりでみんながしあわせになってもらいたいと思います。
【評】 たいへん上手に書けています。Aちゃんの夢がかなうことを先生も応援しています。

BACK