こんぺいとう   
6月7日 vol.9
《作文》「春を見つけたよ」 アクトン 小4

 ぼくは、冬みんをしていた、カエルやありなどを家の近くの林の中で見つけました。
 チューリップやさくらなど美しい花が家の庭にたくさんさいています。
 そして、最近、ぼくが学校へ行く雨上がりの歩道にかたつむりがすがたを現すようになってきました。
 また、先週の日曜日にクリックレイドという、ぼくの家から少しはなれた町にスネークヘッドの花を友だちといっしょに見に行きました。その花は、むらさき色と白い花をして、一りん一りんが下向きに、まるで、ベルのような形でさいています。この花もイギリスの春を感じる一つだと思いました。
【評】 イギリス独特の春を感じるのもいいですね。

《作文》「ぼくのゆめ」 クロイドン 小3

 ぼくのゆめは、歯医者になることです。理由は、母が
「イギリスにはあまりいい歯医者さんが、いないので、こまる。」
と、よく言うからです。虫歯でいたい思いをしている子どもたちや、歯でこまっている人たちをたすけてあげたいと思います。
 それから世界のいろいろな国に行ってみたいです。たとえば、祖父母のいる日本とか、アメリカ・カナダ・オーストラリアのような大きな国やピラミッドのあるエジプト、アマゾンの森林があるブラジルなどです。テレビとか写真で見るイギリスとはちがう国をたずねてみたいです。
【評】 一字一字とてもていねいにたいへん上手に書けています。将来、H君がうでのよい歯医者さんになって、お母様やかんじゃさんをたすける夢がかなうことを先生もいのっています。

《作文》「たんけんしたよ みつけたよ としょしつ」 フィンチリー 小1

 としょしつには、ほんがいっぱいありました。おかあさんたちがいました。おかあさんたちはみんながほんをかりられるためにいます。わたしもほんをかりたいとおもいました。わたしはきょう、そのよみたいほんをみつけてかりました。
 わたしはとしょしつがいちばんすきです。おかあさんたちがどうやってほんをかりるかおしえてくれました。わたしはかりかたがわかったので、あしたもかりたいとおもいます。わたしはきっといつか、いいほんをみつけられるとおもいます。
【評】 みんなのためにおしごとをしてくださっているおかあさまたちから、ほんのかりかたをしっかりとおしえていただいてよかったですね。よみたいほんをさがし、かりていくことはたのしみですね。たくさんのほんとのであいをたいせつにしていってください。

《作文》「りんごの木」 アクトン 小4

 私の家の庭には、小さなりんごの木があります。四年前、私たちがこの家に住み始めたときから、ありました。
 いつも春には、すごくきれいな花がさきます。おしべが黄色で表の花びらが白です。そのうらの中心がピンクです。私は、かわいいりんごの花を使って、おし花を作っています。
 これから暑くなるにつれて、小さなりんごの実が出てきて、夏の終わりにしゅうかくができるのがすごく楽しみです。食べられるようになったら、お母さんがアップルパイや、りんごジャムを作ってくれます。すごくおいしいです。
【評】 春に咲くりんごの花の様子から秋の収穫、そして食べるまでのことが上手に書けました。

BACK