こんぺいとう   
5月24日 vol.7
《作文》「子どもの日」アクトン 小2

 今日は、5月5日子どもの日です。たんごのせっくともいいます。
 男の子のおいわいをします。つよくて元気な男の子になれるように、ちまきやかしわもちをたべるとききました。ぼくのいえでは、お父さんとお母さんといっしょにかぶとをだしました。このかぶとは、日本にすんでいたときに、おじいちゃんにかってもらい、イギリスまでふねでもってきました。一年に一どしかあえなくてさびしいです。でもおとうとの春ちゃんといっしょに、しゃしんをとって、うれしかったです。
 また来年もいっしょにしゃしんをとりたいな。
【評】 子どもの日について、とてもくわしく書くことができました。毎年一ど、かぶとを出してかざるのが楽しみですね。

《作文》「こいのぼり」クロイドン 小2

 わたしのかぞくには、男の子がいません。きょ年ハマビーズでこいのぼりをつくったので、それをかざりました。わたしのせのたかさをおかあさんに、はかってもらいました。2006年8月から5月5日(2008年)までに、10.5センチのびていました。
 さいごにいちばんすきなわらびもちをたべました。でもかしわもちがたべられなかったからちょっとかなしかったです。すごくいい日だったなとわたしはおもいました。
 中ごく人のベイズウーが
「中ごくのこどもの日は6月1日だよ。」
と言いました。
【評】 「こどもの日」にこいのぼりをかざったり、せの高さをはかったり、わらびもちを食べたりいろいろなことをしましたね。たのしい一日でよかったですね。

《作文》「子どもの日」アクトン 小2

 5月5日は子どもの日です。子どもたちがげん気で大きくなれるようにねがいをこめておいわいをします。かぶとをかざったり、おりがみや新聞しでかぶとをおります。それからかしわもちをたべます。かしわもちはじょうしんことさとうでつくったおもちの中にあんこを入れて、さいごにかしわのはっぱでつつんでつくります。
 それからこいのぼりをかざります。
 それからしょうぶのはっぱをたばねて、おふろに入れます。なぜならつよいにおいがするので、びょうきやわるいものをおいはらうと言われているからです。
【評】 子どもの日に、日本ではどんなことをするのか、くわしく書けていて、よく分かりました。そのどれにも、子どもたちがじょうぶにそだってほしいという、お父さん、お母さんのねがいがこめられていますね。

《作文》「かぶと」クロイドン 小2

 子どもの日のなん日かまえに、げんかんにかぶとをかざりました。そのかぶとは、お父さんが小さいときにかざっていたそうです。くろくて、かたい木でできています。まえのほうに、本もののつのがついています。つよそうでかっこいいからずっとかざりたいとおもいました。
【評】 かぶとのことがとてもくわしく書けました。お父さんの子どものころからある、くろくて、かっこいいかぶとなんですね。

《作文》「子どもの日」フィンチリー 小2

 ほしゅう校のあと、子どもの日のイベントにいきました。さいしょに子どもがかみでこいのぼりをつくりました。それからしんぶんしでかぶとをおりました。
 そのあと、おやつの時間になりました。かりんとうとこんぺいとうとキャラメルとおもちをあげたおせんべいとおにぎりと、ほかにもたくさん日本のおかしがあって、おなかがいっぱいになりました。
 それからおしゅうじをしました。はんしにほんもののすみで「○○(自分の名前)」という字をかきました。
 さいごに大きなこいのぼりといっしょに、みんなでしゃしんをとりました。とてもたのしかったです。
【評】 こいのぼりやかぶとを作ったり、日本のおかしをたべたりして、子どもの日をたのしむことができましたね。自分の名まえをかん字で書けたのもすばらしいです。

BACK